トップ > 中南米 > トリニダード・トバゴ > ポートオブスペイン特派員 > トリニダードの秋

トリニダード・トバゴトリニダード・トバゴ/ポートオブスペイン特派員ブログ

トリニダードの秋

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2012年11月 7日

常夏のトリニダード・トバゴには、気候的には6月~11月の雨季と、12月~5月の乾季の二つしかありませんが、
ストリートやラジオで流れる音楽を聞きながら四季を感じます。
まさに、今の時期は、トリニダードのクリスマス音楽である"パラン"一色です。
パランが流れ始めると「あーもう秋だな」と、ふと思います。
そして、も街こんな風にカーニバルに次いで大きなイベントであるクリスマスに向けて、
すでに装飾がはじまっています。

20121107_1.JPG

パランは、諸説ありますが、植民地時代の入植したスペイン人によって持ち込まれたものとも、
トリニダードに移民したベネズエラ人によって発展したとも言われています。
伝統的なパランはスペイン語で歌われていて、元々は教会で歌われていた歌です。
クリスマスになるとパランのバンドが近所を回り、各家庭でご馳走を準備してバンドを迎え祝っていました。
もちろん今でもこの文化の残っているエリアはあります。

20121107_2.JPG

10月に入ると各地でパランバンドのコンテストが行われ、
パランの聖地と言われているスパニッシュコミュニティの残っている東部Lopinot(ロピノ)で決勝戦が開かれるなど、
年々、このパランも秋のイベントとして盛り上がってきています。

20121107_03.JPG

20121107_4.JPG
写真はロピノにある歴史資料館。

こっちに引っ越してくる前、トリニダード・トバゴはカリブ海のニューヨークと例えた何かを呼んで、
「ニューヨークみたいな都会じゃない!」なんて思ったことがありましたが、
多民族国家と言う意味では、確かにトリニダードはニューヨークと例えられるほど、
インド、アフリカ、スペイン、フランス、原住民のアメリンディアンの子孫などなど、
歴史の分だけ文化が共存しています。
そして、トリニダードのおもしろいところが、それぞれの文化が互いの文化を国の文化として受け止めていること。
トリニダードの誇れるひとつでもあります。

ビッグイベントのクリスマスが終わったら、カーニバルへまっしぐらです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

森本 英代

トリニダード・トバゴ・ポートオブスペイン特派員の森本 英代が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

トリニダード・トバゴトリニダード・トバゴ/ポートオブスペイン特派員
名前:森本 英代

森本 英代

2006年に友達に騙されたつもりで行ってみて、と足を運んだカーニバルに衝撃を受け「この国には生きた音楽がある!」と、毎年通い続けるように。帰国後すぐにトリニダード・トバゴを紹介するサイトLove Trinidad & Tobagoを立ち上げ、2009年に移住。現在は、現地で旅行ガイドやテレビや雑誌などのメディアコーディネイター、トリニダード・トバゴ関連のライターや両国の貿易をサポートするなど幅広く活動中。 DISQUS ID @disqus_v5KD2jIuMD

ポートオブスペイン特派員トップにもどる

ポートオブスペインを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ポートオブスペイン特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > トリニダード・トバゴ > ポートオブスペイン特派員 > トリニダードの秋

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について