トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > プレヴェン特派員 > 2014ブルガリア北東部大洪水

ブルガリアブルガリア/プレヴェン特派員ブログ

2014ブルガリア北東部大洪水

カテゴリー:お知らせ / 天気・気候・気温 / 自然・風景 投稿日:2014年6月22日

普段は穏やかなヴァルナのビーチ

先月、セルビアとボスニア・ヘルツェゴビナを襲った洪水に続き、今度はブルガリアの北東部や黒海沿岸部が深刻な洪水に見舞われました。6月16日は竜巻がソゾポル(Созопол)を襲い、19日から20日にかけてヴァルナ(Варна)やドブリチ(Добрич)を襲った大規模な洪水は少なくとも16人の死者を出しました。特にアスパルホヴォ村(Аспарухово) で用水路の堤防が決壊し最も被害が大きいとのことです。さらに今回の被害によってこの地域の洪水の要因となった違法建築が問題視されました。被害にあった方、亡くなった方や遺族の方々に謹んでお悔やみ申し上げます。

黒海の透き通るようなきれいな海水


在ブルガリア日本国大使館のブルガリア北東部の集中豪雨による水害
小泉大使のお見舞いメッセージの発出

http://www.bg.emb-japan.go.jp/jp/news/news_2014/a-2014_06_20_condolences_floodvictims.html

BBCニュース(英語) 被害にあった地域の写真が掲載されています。
http://www.bbc.com/news/world-europe-27935436

ウィキぺディア2014 Bulgarian floods(英語)
http://en.wikipedia.org/wiki/2014_Bulgarian_floods

周辺国から人気の高い黒海のビーチ

黒海沿岸部はロシア、ウクライナ、ベラルーシやドイツからの観光客人気がありますが、この災害によってビーチの損害や観光客が旅行を控えることによる、ブルガリアの国内総生産の約10%を占めている観光収入が減ることや、また穀物の損害などが懸念されています。しかし市街地では被害は少なく、翌日から観光バスは行き交い、何事もなく市民は日常生活を送っており安心して旅行客は観光できるとのことです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ゲオルギエヴァ マサコ

ブルガリア・プレヴェン特派員のゲオルギエヴァ マサコが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/プレヴェン特派員
名前:ゲオルギエヴァ マサコ

ゲオルギエヴァ マサコ

プレヴェン特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ブルガリア その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

プレヴェン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > プレヴェン特派員 > 2014ブルガリア北東部大洪水

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について