トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > プレヴェン特派員 > 太陽と夏至のお話、始まる夏の宵(よい)・青い夜時間

ブルガリアブルガリア/プレヴェン特派員ブログ

太陽と夏至のお話、始まる夏の宵(よい)・青い夜時間

カテゴリー:お知らせ / 天気・気候・気温 / 自然・風景 投稿日:2014年6月12日

特派員DSC02092.jpg

ブルガリアはこの時期夕方というと夜8時台、20時頃に夕日が当たるのを実感します。6月は日の入りが夜9時、21時過ぎになるからです。そして22時までほんのり明るい夜の状態が続きます。私はこの青くなった外の景色が大好きです。日本とは違った太陽の時間が、不思議な現象のように目の前に現れます。


朝の日の出、夕方の日の入り時間

夏至の気になる太陽の動き   夏至6月21日
朝の日の出が一番早い時期  6月11日~19日 [5時48分] 夏至より早い日付です。

夕方の日の入りが一番遅い時期 6月23日~7月1日 [21時09分] 夏至より遅い日付です。


特派員DSC02864.jpg

太陽の時間は早く変化する、秋の夕方と春の朝方

夏至前後にそれぞれ日の出、日の入りのピークを迎えたあと、夏から秋にかけて、日にちをかけて朝は遅くなり、夕方は毎日1分ごとに早く日が沈んでいきます。よって秋は夕方が早く暗くなると感じるのです。

反対に春は毎日1分ずつ朝は早く明るくなり、夕方は何日かに1分の早さで日が沈むのが遅くなっていきます。実感としても科学的にもそう証明されているのです。

なので冬至は夏至とは逆に冬至の前に早い夕方の日の入り時間のピークを向かえ、冬至の後に遅い日の出のピークを迎えます。


冬至も気になる太陽の動き  冬至12月22日

朝の日の出が一番遅い時期  12月29日~1月09日  [7時57分]

夕方の日の入りが一番早い時期  12月4日~14日  [16時43分]

特派員DSC02636.jpg

日の出と日の入り時間はピーク時にしばらく同じ時間で停滞するようです。
ブルガリアはヨーロッパでも南の方に位置するので、もっと高緯度の国々ではだいぶ違った時間帯になると思います。こういう太陽の動きの変化に気づくと、地球や宇宙の壮大さまで考えてしまいます。日本ではそこまで考えたことなかったことも、この自然の多いブルガリアならではの新たな興味が沸いてくるのです。


参考サイト timeanddate.com [Sunrise Sunset Calculator](英語)
ブルガリアは首都ソフィア(Bulgaria-Sofia)で検索します。

http://www.timeanddate.com/worldclock/sunrise.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ゲオルギエヴァ マサコ

ブルガリア・プレヴェン特派員のゲオルギエヴァ マサコが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ブルガリアブルガリア/プレヴェン特派員
名前:ゲオルギエヴァ マサコ

ゲオルギエヴァ マサコ

プレヴェン特派員トップにもどる

その他のブルガリアの特派員

ブルガリア その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

プレヴェン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ブルガリア > プレヴェン特派員 > 太陽と夏至のお話、始まる夏の宵(よい)・青い夜時間

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について