トップ > アジア > マレーシア > ペナン特派員 > リペ島メインストリートの様子とお土産いろいろ

マレーシアマレーシア/ペナン特派員ブログ

リペ島メインストリートの様子とお土産いろいろ

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年2月12日

前回に続き、今回は年末年始に訪れたタイのリペ島情報をお伝えしています。
前回の記事はコチラ⇒マレーシアのランカウイ島から船でタイへ行く方法


今回はリペ島最終回。気になるお土産情報をメインストリートWalking Streetの様子を交えながらお伝えします。


IMG_0932-1.jpg


写真はPattaya Beach(入国時のビーチ側)側の入り口。


immigration(イミグレ)から海を見て左側に少し進んだ先にWalking Streetの入り口があります。
レストラン、ツアー、コンビニ、病院、両替、お土産物屋さんなど何かをするにはこの通りというリペ島のメインストリートです。


IMG_0860.jpg


リペ島にある3つビーチ、Pattaya Beach、Sunset Beach、Sunrise BeachはここWalking Streetからどちらへも歩いて10分程の距離。島内の移動はトゥクトゥクもありますが徒歩で1周できるぐらい小さな島です。


IMG_2699.jpg


トゥクトゥク
乗車1回 150バーツ(¥450)


夜には電飾されたド派手なトゥクトゥクも登場します。
Walking Street、リペ島内の狭い道をトゥクトゥクとバイクがいつも行き交っています。足が踏まれそうになるヒヤヒヤする場面も何度かありました。ぶつからないように注意しましょうね。


Walking Street沿いに並ぶお土産物屋さん


IMG_2070.jpg


洋服、雑貨、アクセサリーにお土産の定番マグネットにキーホルダーなどお店は全てWalking Streetにあります。昼間は空いていますが夜ご飯をとった後の時間帯は買い物を楽しむ人達でいっぱいでした。
Walking Streetのお店はバー以外のお店は22時頃閉店のお店がほとんどなので買い物時間を多くとりたい場合は夜ご飯を早めに済ませてゆっくり買い物時間をとるのがおすすめです。


タイのリペ島で食べるおすすめタイフード 」でもご紹介したビール瓶のボトルホルダーもこの通りのお店で購入。
ワンピースもマレーシアにはなかったデザインがいっぱいありました。
マキシ丈のワンピースを探して色々なお店を探し歩きましたが、平均して450タイバーツ(\1,350)から700タイバーツ(\2,100)ぐらいでした。結局450タイバーツのものを50バーツ値引きしてくれるというお店で何着か大人買い。
日本で買うよりも安いですから気に入ったデザインのものがあったら買いです!ちなみにランカウイ島でもリゾートワンピ買いましたが、日本円に換算するとタイで買うのもマレーシアで買うのもほぼ同じ値段でした。


IMG_2718.jpg


・マグネット4個セット
 100バーツ(¥300)
・ボトルホルダー
 50バーツ(¥150)
・マンゴー石鹸
 150バーツ(¥450)
・マキシ丈ワンピース1着
 400バーツ(¥1200)から


IMG_2072.jpg


セブンイレブンは2か所ATMもあり、ドラックストアに病院もありました。
リペ島は小さな離島とはいえリゾート化が進みコンビ二もドラックストアも充実した品揃えでした。セブンイレブンは日本にもマレーシアにもありますが国よって変わる品揃えは見ているだけで楽しかったです。


IMG_2700.jpg


部屋飲み用のビールやおつまみはセブンイレブンで調達。
船でたったの90分なのにマレーシアとは全然違うコンビニの品揃えに興奮し(笑)スィーツにおやつやカップラーメンなどあれもこれもとつい買いすぎてしまいました。滞在中に食べきれなかったものはそのままお土産にしました。


小さな離島なので色々と不便なことがあるかなと思っていましたがそんな事はありません。大きな店こそありませんが旅行中に必要なものは大抵現地でも揃えることができましたので、事前準備はホテルと船の予約さえできていればOKですね。


4回にわたってお届けしたリペ島旅行記。
タイのリペ島はペナンから小旅行感覚でいけるので日本から一度の旅行でマレーシアとタイ2つの国に行くことも可能です。2つの国の違いそして日本との違いに驚きや感動、疑問など色々なことを発見でき印象深い旅行になりました。ちょっと長めに休暇がとれたなら2つの国に行く海外旅行プランおススメです。ぜひ行ってみて下さいね。


最後にリペ島はシーズン限定でホテルがオープンするリゾート島です。オープン時期は毎年多少の変動があり10月下旬ごろから5月頃になります。シーズンオフはホテルは閉鎖され「マレーシアのランカウイ島からタイへ船で行く方法 」でご紹介した船もでていませんので旅行の日程にはご注意下さいね。
次回からはまたペナン情報をお伝えしていきます。


※1バーツ = ¥3(2017年2月のレート)

facebook-link-2.jpgペナン特派員Facebook
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Marina.

マレーシア・ペナン特派員のMarina.が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

マレーシアマレーシア/ペナン特派員
名前:Marina.

Marina.

日本をはじめ海外多数の展覧会、美術館を中心にアート活動を行うジュエリー作家。2013年にはフランス、パリのカルーセルルーブルで開催された展覧会に出展し審査員賞を受賞する。2014年活動の場を世界に向けストリートアートが盛んなペナン島に移住。異文化に触れることが大好きで創作活動の源となる海外旅行と写真が趣味。
◎jewelry MARINA
◎Resortiara DISQUS ID @disqus_u77tWHavUV

ペナン特派員トップにもどる

その他のマレーシアの特派員

ペナンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ペナン特派員トップにもどる

トップ > アジア > マレーシア > ペナン特派員 > リペ島メインストリートの様子とお土産いろいろ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について