トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > ドロミテの魅力

イタリアイタリア/パルマ特派員ブログ

ドロミテの魅力

カテゴリー: 投稿日:2017年8月18日

こんにちは。
あっという間の2週間の休暇を終えて、猛暑のパルマから書いています。

毎年行くドロミテの山ですが、その魅力にどんどん惹きつけられています。
猛暑のパルマから逃れて、太陽は強いけれど、日陰に入るととっても快適。そして、汗をかく事なく歩き、小川には冷たい水が流れる、、、。

さて、ドロミテの中でも世界的に有名な、(世界でもっとも写真の被写体となっている山の一つ)tre cimeトレチーメ。
トレとはイタリア語で3。3つの山頂という意味です。
その魅力は、イタリア側からみる姿とオーストリア側から見る姿の違いとも言われています。
trecime.jpg イタリア側
trecime2.jpg イタリア側
trecime3.jpg オーストリア側(山だけの写真が見つからなかったので、夫と我が家の犬「くま」が入ってしまいました。。。

オーストリアの方向からみた方が、3つの山というのがはっきりとわかりますね。


このトレ・チーメには麓の美しい湖、ミズリーナ湖から自動車、もしくはバスが出ています。
ミズリーナ湖
trecime da misurina.jpg
写真の左側に見えるのがトレ・チーメです。標高1754mですから、かなり涼しいです。

ミズリーナ湖からさらにぐんぐん上がるとトレ・チーメに到着します。
バス、車の駐車場近くから、アウロンツォ小屋へ。そしてラヴァレード小屋、さらに歩き続けてロカテッリ小屋へ。rifugioリフージョというのが山小屋という意味なのですが、この3つの山小屋を回って、アウロンツォ小屋まで戻ると1周です。

rifugio.jpg

富士山に登るような感じで、子供から老人まで周っています。もちろん登山用の格好に、登山靴は必要です。
そして山のお天気は変わりやすいので、スエットのような上に羽織るものや、雨具もリュックには入れておきます。

こうやってしっかり歩いた1日の後には、美味しいご飯が待っています。
cazunzeiMG_2710.jpg gnocchi.jpg salumiIMG_2705.jpg
上からカズンツェイという赤カブの入ったラビオリ、サーモンときのこのニョッキ、ハム、サラミ、チーズの盛り合わせ。
山のお料理は美味しく、たっぷりです。1人前を2人で分けるぐらいでちょうどいいかもしれません。

また別の日はサイグリング。コルティーナという街は観光地(避暑地)として日本でも知られてきていますね。インフォメーションセンターに情報はしっかり発信しています。コルティーナからドビアッコという街までサイクリング道があります。片道31kmと長いのですが、トレーニングしている人にはおすすめです。
レンタサイクルもあり、1日25ユーロから35ユーロくらいです。

サイクリングコースは沢山ありますが、オススメは、サン・カンディドという街からオーストリアのリンツまで43kmのコースは、比較的下り坂で、人気コースです。そしてリンツでレンタルサイクルを乗り捨てもしくはレンタサイクルごと電車に乗ってサン・カンディドまで戻るのです。子供を乗せるためのサイドカー付きの自転車までレンタルであります。そして最近流行りは、エレクトリック自転車。上り坂は電動で補助してくれるので楽なのだそうです。

rent cicle.jpg
コルティーナのレンタサイクル。
info san candido.jpg
サン・カンディドのインフォメーション

街のインフォメーションは親切で、様々な情報があります。
山の家でのんびりもよし、スポーツもあり、そして観光も。

www.dolomiti.org
イベントなどの情報もあります。(英語、イタリア語、ドイツ語)

夏の間は、イタリア国鉄でもヴェネツィアからバスが出ているようです。
www.trenitalia.com/Freccialink/Cortina

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西村 明美

イタリア・パルマ特派員の西村 明美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/パルマ特派員
名前:西村 明美

西村 明美

DISQUS ID @akemi nishimura

パルマ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

パルマを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パルマ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > ドロミテの魅力

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について