トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > レストラン・INKIOSTROに行ってみました。

イタリアイタリア/パルマ特派員ブログ

レストラン・INKIOSTROに行ってみました。

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2016年11月30日

先日パルマで2017年イタリアのミシュランガイドの発表が行われました。
パルマがユネスコ食の街に指定された事にともなって、パルマで発表される事となったようです。

パルマ県では4つのレストランにミシュラン1つ星が付きました。
PARIZZI, ANTICA CORTE PALLAVICINE,LOCANDA STELLA D"ORO,INKIOSTRO
この中でも、今年新しく星を獲得したのは、INKIOSTROインキオストロ。数年前から友人達の間で話題になっていたレストランでした。
シェフは、テリー・ジャコメッロ。バルセロナのあるミシュラン三ツ星レストラン、2002年から5回世界の50トップレストランの1位に輝いたブッリで働いていました。
お料理はブッリにいた頃のエキスを取りだした特徴のあるものを提案しています。

場所は高速道路のパルマ出口からも近く、郊外からも多くの人が通っているようです。

私は、ワインのテイスティングも兼ねて行ったのですが、とても面白いお料理に出くわしました。
ワインはアルトアディジェの白ワイン、テルラーノの1959年ものからのテイスティングという、ワイン好きにはたまらない催しの最後の締めで出されたお食事で合わせたのは全てテルラーノ社の白ワインで、素晴らしくエレガントなワインにも抜群のマリアージュでした。

それではお料理をご紹介します。
IMG_0337.JPG
前菜は、カボチャのマリネに柔らかいヘーゼルナッツ、マグロのボッタルガ、イワシのエキス風味。
信じられないような組み合わせですが、全体にうっすらと広がる味のハーモニーに驚くばかりです。
IMG_0338.JPG
ハムのブロードのメッザマニケ(パスタ)、トルタフリッタ、伝統的バルサミコ酢
透明なブロードで作ったパスタは斬新で、トルタフリッタエキスに伝統的バルサミコ酢がかかっています。
IMG_0340.JPG
こちらは白身卵で作ったタリオリーノを黄身とパルミジャーノレッジャーノのソース添え、黒トリュフのキャビア仕立て
黒トリュフのエキスをキャビアのような小さな玉の中に入れています。口の中でエキスがとろけ出てきます。
IMG_0342.JPG
メイン料理。フォアグラ、ミルクと花粉風味。
食いしん坊な私はフォアグラに目がないのですが、本場フランスで食べたものより、焼き加減も最高で、今まで食べたフォアグラの中で一番美味しかったと思います。
最後はトースト!!(笑)
IMG_0343.JPG
泡泡で、軽ーいデザート。

とても珍しい洗練されたお料理だと思います。
イタリアの郷土料理、ドーンドーンといただくのにちょっとお腹が疲れた時、そして記念日などおしゃれに出かけたい時などにおすすめです。

今回2品写真を取り忘れたのですが、こういったコース料理にワインでご予算は約150ユーロ。
決してお手頃とは言えませんが、ユネスコ食の街パルマでヨーロッパの最新を歩んでいるレストランに行ってみるのも面白い体験かも知れません。

ristorante INKIOSTRO
www.ristoranteinkiostro.it

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西村 明美

イタリア・パルマ特派員の西村 明美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/パルマ特派員
名前:西村 明美

西村 明美

DISQUS ID @akemi nishimura

パルマ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

パルマを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パルマ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > レストラン・INKIOSTROに行ってみました。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について