トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > パルマで見逃したくないところ、ファルネーゼ劇場

イタリアイタリア/パルマ特派員ブログ

パルマで見逃したくないところ、ファルネーゼ劇場

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年6月20日

私の両親が初めてパルマに来た時、一番最初に連れて行ったのが、ここ、パルマ国立美術館の一部であるファルネーゼ劇場です。見逃して欲しくない、ヨーロッパに数少ない完全木造、そして世界で初めて額縁型デザインで作られた劇場です。

ピロッタ宮殿の中、2階にあります。パルマ国立美術館の入り口は、大きな建物の陰になり、真夏でも少し涼しく感じます。
1.JPG
入ると、木造の木の温かい雰囲気を感じる事が出来ます。ヨーロッパで普通に見るきらびやかな劇場の華やかさとは違い、日本人にはほっとする感じでしょうか。
2.JPG
この劇場は1618年、パルマ・ピアチェンツァ公国のファルネーゼ家ラヌッチョ公爵によって建設されました。トスカーナのコジモ2世にミラノに行く際、是非パルマにも立ち寄ってもらおうと、ヴィチェンツァにあるオリンピコ劇場(イタリア建築家パラーディオによる設計)をヒントに建設されたという事です。実際にはコジモ2世は病気のため、訪問はキャンセルになり、1628年までの10年間ほとんど使われる事なく放置されていました。

1628年12月21日、ファルネーゼ家ラヌッチョの息子オドアルドがメディチ家コジモの娘マルゲリータと結婚する事が決まり、その祝いにこの劇場で「メリクリウスと戦闘の神マルスの船上での戦い」を実演しました。海上での戦いを、実際に水をはって催し、それがこけら落としという事になりました。劇場にはフレスコ画や大理石の様に魅せるために使われた石膏の像があります。劇場裏にも入ることが出来、木組みの舞台裏が見られます。
3.jpg

4JPG.JPG

5.JPG
当時3000人収容の劇場は、1732年に公開されるまで100年以上で、なんと8回しか使われる事がなかったそうです。
その後1944年5月13日、第2次世界大戦の爆撃により破壊され、1956年、1960年と2回の修復が行われました。
6.JPG
修復後は、パルマ国立美術館の一部として公開されていました。
この劇場が陽の目を見るようになったのは2011年のヴェルディ−フェスティバルで、今は亡きクラウディオ・アッバード氏の指揮でヴェルディーのレクイエムが演奏されてからです。
1年に何回か劇場として使用されているようです。木造ならではの音響の素晴らしさ、チャンスがあれば聴いてみたいものです。


劇場はパルマ国立美術館の一部ですが、劇場のみの入場券もあります。

パルマ国立美術館
月曜休み、火曜日−土曜日8時30分−19時
日曜日8時30分−14時
入場料10ユーロ
テアトロファルネーゼのみ
入場料2ユーロ
毎月第1日曜日は無料で公開されます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西村 明美

イタリア・パルマ特派員の西村 明美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/パルマ特派員
名前:西村 明美

西村 明美

DISQUS ID @akemi nishimura

パルマ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

パルマを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パルマ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > パルマで見逃したくないところ、ファルネーゼ劇場

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について