トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > 日本とパルマの関係「秘められた日本・1800年代写真の傑作」展

イタリアイタリア/パルマ特派員ブログ

日本とパルマの関係「秘められた日本・1800年代写真の傑作」展

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2016年5月18日

今年はイタリアと日本の交易友好関係が始まって150年になります。イタリア国内でも様々な催しが行われています。
パルマでは3月5日から6月5日まで町の中心ガリバルディ広場にあるパラッツオ・デル・ゴベルナトーレにて、「秘められた日本・1800年代写真の傑作」展が行われ、1860年から1910年に撮影された古き良き時代の日本の写真が集められています。
写真1パラッツォ・デル・ゴベルナトーレ.JPG
パルマと日本の関係は、実はとても古くから続いていました。
パルマ公国の国王ロベルト・ボルボーネの弟、エンリコは、アジアに大変興味を持っていて、ポルトガルのミケーレ国王の娘、アデルゴンガ・ディ・ブラガンツァと結婚した後、夫婦で1887年から1889年まで日本を中心にアジアを旅したのだそうです。
写真2エンリコ写真.JPG
プレゼンテーションでは、侍姿のこの写真がパルマ公国の国王の弟である事を証明するため、洋装のエンリコの顔と比較して見せていました。自分の住んでいる遠い国イタリア、しかもパルマに、昔1800年代に日本に訪れた人がいるというのは不思議な縁を感じました。
会場には能面、兜、着物なども展示されています。
写真3入り口.JPG
写真4能面.JPG

イタリアで石造りの壮大な建物に展示される古い日本の写真を見るというのも興味深い物です。

パラッツォ・デル・ゴベルナトーレ
Piazza Gariba1di
2016年3月5日--6月5日
月曜日休み
火曜日ー金曜日10;00-18;00
土曜日、日曜日 10;00-20;00
(チケット売り場は1時間前に閉まります)
入場料金10ユーロ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西村 明美

イタリア・パルマ特派員の西村 明美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/パルマ特派員
名前:西村 明美

西村 明美

DISQUS ID @akemi nishimura

パルマ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

パルマを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パルマ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > パルマ特派員 > 日本とパルマの関係「秘められた日本・1800年代写真の傑作」展

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について