トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > ワクチン・パスポートと2021年のバカンス

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

ワクチン・パスポートと2021年のバカンス

カテゴリー:お知らせ / 旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年7月30日

Bonjour こんにちは!
2021年7月12日のマクロン大統領の発表の演説により、今年の夏の過ごし方が少し変わりそうなのでまとめてみました。

9B2CD721-C038-4AEF-993A-C5265954CCB5.jpeg▲20度前後で涼しい夏のパリ。
7月中旬時点においての政府の発表によれば、1日の感染者数が最大3万5000人であったのに対し、この数週間では2000人以下に抑えられており、入院者数も死亡者数もこの1年で最も少ない数値であるということ。

これはワクチンの効果が大きいものの、通常よりも感染力の高いデルタ株の脅威もあり、今後、さらなるワクチン接種を強化していくとの発表です。

7月21日から

50名以上が集まる娯楽および文化施設で、12歳以上の者に対し、パス・サニテールの提示が求められます。 現在こちらは各機関の自主的なものです。求められるお店もありますが、ないところもあります。

8月1日以降

カフェ、レストラン、大型商業施設、病院、高齢者施設、医療社会施設や、長距離移動の航空機、列車、バスにおいて、顧客・利用者・職員にかかわらず、パス・サニテールの提示が求められることになります。


48E1394F-59E8-49C3-B058-94BAAFA69894.jpeg


現在飛行機に乗る際は、以前とかわらず、医療用マスクの着用が義務となっておりますが、それ以上の規制はありません。
注)国外への移動はすでにパス・サニテールが必要です。


994BC0F8-C8C2-46FB-A74D-5C59C5C0229C.jpeg


.
なお、パス・サニテールとは

    *ワクチンを2度接種して1週間が経過したこと
    *48時間以内のPCR陰性
    *過去に陽性で1度ワクチンを接種して1週間が経過していること
    をQRコードにして提示できるアプリケーションのこと。

ワクチン・パスポートとまったく同じで、フランス語の言い方になります。

まだワクチンを接種して2週間が経過していない方、ワクチン未接種の方も陰性証明で同等効果がありますので安心してください。
EC6072B1-636B-44E4-A2FA-7B82817DD223.jpeg
通りにある薬局や区役所で、パス・サニテールに使える抗原検査を簡単に受けられます。
フランスの医療保険に入っている方は無料、そうでない場合€30程度かかります。
こちらは予約も待ち時間もほぼありません。電話番号を登録すればショートメッセージで検査結果の連絡があり、QRコードをダウンロードすることができます。
ただし、抗原検査であり、PCR検査とは異なるため、日本に帰国する際にはこの陰性結果は受け付けられませんのでご注意ください。
9B7047C4-B460-418C-B13B-7606FF298888.jpeg
なお現在、区役所などでは予約のうえ、PCR検査が無料です。
注今後、ワクチンを推奨していくため、検査は有料化する可能性があります。

秋から......

フランスでは秋が新学期。 長いバカンスを経て新しい年を迎えるにあたり、いくつか規制が生じます。

3994DFFC-A64C-42B8-B495-02526A56D236.jpeg

.
新学期から、中学生、高校生、大学生ために、学校施設においてワクチンキャンペーンが実施されることとなります。
フランスでは現在12歳以上がワクチンを接種することができ、秋よりパス・サニテールは12歳以上のすべての人が対象となる予定です。
.
33E719F4-F0BD-47A8-BC69-9873685C76B9.jpeg

一部の職業について
介護者か非介護者であるかにかかわらず、病院、クリニック、高齢者施設、障害者施設で働く全職員、また、施設や家庭内で高齢者や脆弱な者と接触する専門職及びボランティアに9月15日までにワクチンを接種することが義務となります。

こちらについては7月中旬からフランス各地でデモ活動が行われており、今後どのようになるかは未定です。

8月1日以降、すべての施設・移動においてパス・サニテールが必要となるため、アプリケーションhttps://bonjour.tousanticovid.gouv.fr
のダウンロードをおすすめします。
アプリケーションを使えない方は、QRコードの印刷された紙媒体でも構いません。

以上、7月のパリの状況です。
昨年と違い、ワクチンのおかげで国外にバカンスにでかけることもできるようになっていますが、国内旅行が推奨されてもいます。
/
12BAC19F-F899-47DF-9E6F-DD2796E31B00.jpeg▲国内旅行で人気のニース。UNESCOに認定されました。

また現在、日本からフランスへの渡航については現在特別な措置はとられておりません。

感染リスクの高い国からの渡航者に対する水際措置が更に強化され、ワクチン未接種の者に対しては隔離が義務化されるそうですが、国名は発表されていません。

規制に従い、最大限の予防をもってバカンスを楽しんでくださいね!
/
4DB10190-900F-410C-ADD3-7B62195A0D4A.jpeg
それではまた、à bientôt!

*********************************
インスタグラムにて毎日パリをお届けしています!
ブログに載せきれないことはこちらから☆
・Instagram: https://www.instagram.com/hiromi_paris3/
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > ワクチン・パスポートと2021年のバカンス

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について