トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 危険?優しい?パリの家には網戸がない!

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

危険?優しい?パリの家には網戸がない!

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2021年6月21日

bonjour こんにちは!
C6ED91E3-14B1-4C37-A817-27A6295740F2.jpeg
パリは街の景観を守るため、外に洗濯物を干すことは条例で禁止されています。また、窓に網戸もありません。
冷房器具を取り付けることもままなりませんので、夏暑い時には窓を開け放つことが対策となります。
日本と違い、からりとした気候、猛暑といっても1、2週間で終わるという違いがありますが、ここ数年、異常気象により40度を超える日もあります。

窓を開ければもちろん虫さんもやってきます。
270867AC-C2EF-4CC5-A788-1B666CF5786B.jpeg▲虫除けの花として知られるゼラニウム。

街角のカフェで食事をしていると、店内にミツバチが入ってきたことがあります。
店員さんは何度も、「ここはあなたのお家ではないのよ。出口はあっち、出ていきなさい」と説得していました。その甲斐あってか?ミツバチは窓から帰っていきましたが、フランスに来た当初、カルチャーショックを受けたのを覚えています。


ミツバチは害虫ではありません。環境を守る、大切な虫です。オペラ座の屋上では養蜂を行なっており、
生物の多様性を守るためにミツバチは悪い虫ではないというのがパリっ子の信条でもあります。

そのため、日本からいらした方とは衛生観念の違いが見受けられることもあります。
パン屋さんの、甘いシュガーコーティングのなされたクロワッサンやパンオショコラなどのヴィエノワズリーに初夏になるとミツバチが止まっていることも珍しくありません。
97D755A3-8B74-46E5-AD07-F93B241E744A.jpeg▲扉が開け放たれているブーランジェリーのショーケースには迷い込んだミツバチがいることも。
彼らからすると、悪い虫ではないのだから・・・という考えなのです。

日本のように殺虫剤を使い過ぎることもないため、たまに使うとあっけないほどあっさりと死んでしまいます。こちらが申し訳なくなるほど。

また大抵のご家庭に大きな虫や危険な虫が飛び込んで来た場合に備え、電気ハエたたきがあります。0CFA4436-7C95-4416-B6C4-E1B2621EE0E5.jpeg私は今でもミツバチが入ってきた時は根気強く外に出る方法を伝え、出ていってもらうようにしています。


F87255B3-1938-4E80-A98A-48353A825BD4.jpeg▲テラスで植物を育てるおうちは多いのです。

そして網戸や殺虫剤の代わりも発見しました。
こちらのお花、は虫除けになると言われており、街のあちこちで見かけられます。D2B7EFE9-E49B-419D-BEA2-A85DBC5D3378.jpeg

なんとも古典的な生き方に見えるかもしれませんが、フランスに来て気づいたことがあります。
それは、人が駆逐すると、虫も凶暴になるということです。
殺虫剤はもちろん効き目がずば抜けていて、
使い続けることで、虫も人を敵とみなし、攻撃して来るのです。また、耐性も身につけてゆくため、さらに強力な殺虫剤が必要となります。
012F7F47-0483-463D-A13B-4EE9AD952FC3.jpeg▲カフェでもお花で虫よけ。
生活を続けるうち、そこまで神経質にならなくてもいいのではないかと思えるようになってきました。
パリのアパルトマンの多くは50年、100年越え。
虫以外にもトラブルがないことはないのです。

ついでにハーブを育てて料理に生かす人もいます。

C6F5F29E-AA98-4FAB-A205-0A5DA18526F9.jpeg▲学校ももちろん冷房はありません。
CE409990-4328-451C-9CAB-802CA1116707.jpeg▲パリ以外の街もお花で虫除けは主流。
パリの街で暮らすように旅をする際、網戸のないお部屋でも生活を楽しめますように。


それではまた、à bientôt!

*********************************
インスタグラムにて毎日パリをお届けしています!
ブログに載せきれないことはこちらから☆
・Instagram: https://www.instagram.com/hiromi_paris3/
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 危険?優しい?パリの家には網戸がない!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について