トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 最近人気のビオって?有機食材のおいしいレストラン

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

最近人気のビオって?有機食材のおいしいレストラン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年6月 2日

Bonjour こんにちは!

今日はすっかり浸透している、有機食材についてのお話です。
日本でも無農薬や有機野菜が人気ですね。
977E5644-EC51-447A-88E9-D0C1CEEB9F73.jpeg
フランスは自給率200%、食を大切にする文化だけに、食材にもこだわりがあります。

そもそもEUは農薬使用に対し非常に厳しい制限を敷いています。実は日本よりも厳しいのです。
フランスももちろんそう。
マルシェに行けば曲がったりちょっといびつな形の野菜がたくさん。それは自然のまま育てているということでもあります。


その中でも農薬の使用量が極力少ないとされているビオBIO(英語でオーガニック)は人気。
なお、biologique の略としてbioと書かれています。

ただ、ビオに関しては、EUの定めた基準、フランスの定めた基準、さらにはモノプリビオ、カルフールビオなど企業が独自に定めた基準と種類も多く、一概にすべてがまったく同じ基準とは言い切れないのも難しいところ。
マークの種類が増え、ビオ産業に疑問を持つ人ももちろんいます。
8C618F9F-EC05-4C06-9212-26A206025BCC.jpeg
▲星の柄がEUのビオマーク。上はフランスのビオマーク

ビオワインも増えてきました
7FBC861F-30DF-42E8-9E79-3AE8467EB43C.jpeg
基本的にビオ野菜に使う農薬は自然から作られています。植物や動物の肥料です。

7C963551-50AE-492C-8B19-4AF6A8309DCF.jpeg
▲化粧品や美容品にもビオが増えています

これは一般家庭やレストランだけの問題ではありません。

2018年に制定されたエガリム法。
これは学校給食法で、子供たちの健康や食生活、そして環境も配慮して考案されました。
最低20%はビオ由来の食材を使用すること、50%は原産地や由来が明らかである食材を使用することなどが決められています。

また、先日お話ししたベジタリアン文化。エガリム法により、フランス全土において最低でも週に一度はベジタリアンメニューを学校給食に取り入れる義務が生じています。

健康のためでもありますし、みんなが同じメニューを食べられるのは多文化、多宗教の理解へもつながるのです。

さて、フランス人がビオを選ぶ理由はなんでしょうか?

①健康のため
化学農薬を胎児や赤ん坊の頃から取ると、さまざまな病気や障害を引き起こすリスクがあると言われています。もちろん、それらを使う農家の方も影響を受けますね。

②自然界の多様性を守るため
殺虫剤を撒くと、虫たちの生態系のバランスも崩れてしまいます。ゆえに害虫と呼ばれる虫が増えてしまう結果になるのです。
フランスではみつばちを守るプロジェクトがあり、パリでもオペラ座の屋上で養蜂が行われています。
オペラ座のギフトショップでも購入できますよ。

③環境を守るため、ひいては未来を守るため
化学農薬を撒かないため、土を守ることができます。
水を使う量や必要なエネルギーが化学薬に比べ少なくて済みます。

これは地産地消を推進することも同じです。遠い異国から輸入する食材は自国のものに比べると輸送にたくさんの燃料、エネルギーを使います。

④単純に美味しい
お肉やお魚、先日紹介した卵においては味が違うと答える人も多くいます。特にサラダなど生でいただくものはビオの方がよい、と考えている人はたくさんいます。

こうしてみると、自給率200%を誇る国だからこそ、これだけビオが発展しやすいとも言えます。

ビオ製品は専門店以外のスーパーなどの食料品店はもちろん、マルシェでもたくさん見かけることができます。
A7AD325C-E938-4098-9B9F-E24AC7C86B60.jpeg
そしてもちろん、レストランのメニューにもビオ野菜を使っています、と表示されることが増えてきています。


先日訪れたレストラン、fleur de pavéさんには野菜に注力したメニューが豊富。
ベジタリアンメニューというわけではありませんが、おいしい野菜の味を存分に引き出した料理を楽しめます。
B11D451B-6022-4E2C-97F6-B785A3E676CA.jpeg
▲旬のグリーンピースを使ったタルト

実は、こちらは日本人の山下さんがパリのお隣イブリン県でビオ野菜として育てていらっしゃるもの。
野菜の甘味をしっかり感じられます。
C03C63E9-14A4-489E-BB4F-CB59810653BD.jpeg▲シェフのシグネチャー料理、カリフラワーの前菜。シンプルな食材ですが、奥深い味わいです。

フランス料理といえばこってり、どっしりしたイメージがあるかもしれませんが、実は肉も魚も脂身がないものほど上質な素材として扱われており、野菜をたっぷり使ったヘルシーな一面もあるのです。

本当においしい食材であれば、フランス料理のように味つけを濃くする必要はないのですね。
ビオが必ずしもよいと言い切れるわけではありませんが、ぜひ一度ご自分の舌で確かめてみてください。

それではまたà bientôt!


◇◆お店情報◆◇
■Fleur de pavé
・住所: 5 rue Paul Lelong, 75002 Paris.
・電話番号: 01 40 26 38 87
・URL(フランス語): http://www.fleurdepave.com/
ミシュラン2021ひとつ星獲得店


*********************************
インスタグラムにて毎日パリをお届けしています!
ブログに載せきれないことはこちらから☆
・Instagram: https://www.instagram.com/hiromi_paris3/
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 最近人気のビオって?有機食材のおいしいレストラン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について