トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > フランスの食文化〜ベジタリアン論争〜

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

フランスの食文化〜ベジタリアン論争〜

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年4月 4日

Bonjour こんにちは!

2021年5月2日まで延長されたロックダウン、レストラン再開までまだまだ時間がかかりそうです。
B77D0DE1-3BAA-4349-B011-C08AC8E970F1.jpeg
▲夏時間になり、すっかり春の陽気のパリ

今日はパリで浸透しつつある食文化について紹介します。

世界のあちこちで見られるように、近年、パリでもベジタリアンが増えています。
それに合わせてヴィーガンカフェ、ベジタリアンカフェ、またはベジタリアンメニューの選択肢が普及しています。ロックダウンしてからはベジタリアンメニューの宅配の選択肢も増えています。

パリは多民族都市でもあります。
ヒンドゥー教徒は牛を、イスラム教徒は豚を口にすることはできません。ハラル食(お祈りされたお肉)しか許されない人もいます。
宗教上の理由もあって、多国籍のメンバーで集まる際、ベジタリアンメニューの選択肢があると気兼ねなく過ごせるため助かります。

多様性への理解が求められる現代に、ベジタリアンの考えはパリだけでなくヨーロッパ全土で増えてきています。
特にイギリスはより盛んで、パリよりもずっと選択肢が多いそうです。


そして一概にベジタリアンといっても実は色々存在しています。ざっくり分けるとこの4種類。


①Vegan ベーガン
動物性タンパク質を一切摂取しない
肉も魚も卵もチーズも口にしません。ベジタリアンのなかでも最も制限があります。
BC9E46CB-7DF7-4D44-B4B7-F8462C2E8103.jpeg▲出汁にカツオ節や豚骨が使われていても主義に反するため、パリの一風堂にはきのこの出汁のベジタリアンラーメンがあります。

メニューに細かな記載があるレストランが増えているのはこのため。

バターにチーズに生クリーム。
乳製品天国のフランスにおいて、ベーガンなんてとても難しいのでは?と疑問に思っていたところ、やはりこういう人も多くいます。


②Végétarien
ベジェタリエン

チーズや卵は摂取するけれど、魚やお肉については食べません。スープや出汁に使われている場合は大丈夫かは人によります。
DCF0ED78-61B7-42CD-9D6C-9835EA639B39.jpeg
▲フランスには300種類以上のチーズがあるとも言われています。
やはりチーズ大国フランスですべての乳製品を避けるのは難しいようです。


③Pescetsrien/Pesco-vegetarien
ペスセタリエン、ペスコベジタリエン

魚や卵、チーズは食べるけれどお肉は食べない主義。

あまり知られていないかもしれませんね。フランスではおおむねどこのレストランでも主菜(plat)を肉か魚か選べるためあまり生活に支障はないようです。


④Flexitarien フレキシタリエン
特に禁忌食材があるわけではありませんが、健康などの理由でお肉の量をできるだけセーブしたいと考えている人。英語Flexible と vegetarian からきています。
フレキシタリエンの考え方をする人は、とても増えています。

肉を食べない、食べすぎない選択肢を取る理由は、人によってさまざま。
世界の環境問題、飢餓問題、動物愛護、個人的な理由などなど。


一世代前のフランス料理はいまよりももっとこってりしていました。お肉を食べる頻度や量も多く、心臓病や高血圧への懸念から、健康のためにお肉を控える人が増えているのです。
私の友人でも大袈裟でなく、8割の人が何かしら自分の食べるものに気を使っています。

こういった菜食文化は特別なカフェやレストランだけでなく、普段から見つけることができます。

普通のスーパーにもたくさんのベーガン、ベジタリアン用の食品が並んでいます。
牛乳ではなく豆乳、アーモンドミルク、ライスミルク、オーツミルクやカシューナッツミルクなど、ミルクも選択肢が豊富。
料理用のクリームもあります。

食材専門店にはさらに選択肢があります。
こちらはベーガンチーズ。
DC65F290-57D2-4624-9A62-FFBC2F02D265.jpeg
匂いも味もチーズのようですが実はすべて植物性。ナッツ類のオイルを原料にしています。4A647C76-5FE4-4620-9874-465FC5B9F29A.jpeg
フランスには300種類はあると言われるチーズ。ベーガン用も料理や食べ方を選べるようになっています。
6A4AF826-1FE9-424D-9708-47202748D0AE.jpeg
ロックフォール風、チェダー風、ゴーダ風、シェーブル風など。

ほかには、ベーガン用フォアグラ。
クリスマスにはフランス人の70%近くがフォアグラを食すと言われています。ベーガン用フォアグラとしてきのこや大豆から作られた製品もあり、ベジタリアンたちには人気があります。

代替肉の種類も多く、スーパーではお肉を売るコーナーに一緒に並んでいます。
100%植物原料でありながら、味もいいものが多いです。
54A3FF6B-63EF-4393-996A-1FA45968B723.jpeg
穀物のミルクも、大豆、ナッツ、米、オーツ麦などたくさんの種類があります。


こうした人たちにも和食はとても人気! そば、トウフ、ミソ(ミゾと発音する人もいます)は理にかなった食事なのです。
355ECEFB-FD4A-43EE-B5CE-3817866DEEDF.jpeg▲ビオスーパーで売っている豆腐。フランス産有機大豆を使っており、あまり醤油をつける必要がないほど味が濃いです。
仏教の精進料理は動物性の食材は禁忌とされており、ベーガンの考え方と合致する点もありますね。
和食が人気な理由にはこうした背景もあるのかもしれません。


また、フランス料理はどの食事でも、ひとつのおかずをみんなで分け合う食べ方をしないのも受け入れやすい理由かもしれません。

レストランでは各々が自分の食べるものを注文し、ひと口交換はあっても大皿から取り分けることはありません。皿を交換することもありません。
自分が食べるものを自分で選び、注文するのです。
ですから、友人と出かけても特に困ることはないのです。

ベジタリアン論争についてはやはり煙たがる人がいるのも事実です。

ですが、自分の意見をきちんと説明すれば、子供であっても意志を尊重される文化ですので、それがベジタリアンでなくても受け入れられやすいのは確かでしょう。

人と違っても自分の選択を尊重される社会において、みんなが同じものを食べる必要はないのです。

パリに来た際には一度、メニュー表を見てみてください。必ずたくさんのオプションが存在します。
それは多様な考え方を尊重する文化の表れでもあるのです。

それではまた、à bientôt!

<p>*********************************<br>インスタグラムにて毎日パリをお届けしています!<br>
ブログに載せきれないことはこちらから☆<br>
・Instagram:
<a href="https://www.instagram.com/hiromi_paris3/" target="_blank" style="text-decoration: underline">https://www.instagram.com/hiromi_paris3/</a></span><br>
*********************************</p>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > フランスの食文化〜ベジタリアン論争〜

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について