トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 生食NG?フランスの卵1.2.3

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

生食NG?フランスの卵1.2.3

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年4月21日

Bonjour こんにちは!
日本とフランス、さまざまな点で違うところがあり、それは食文化も。


日本ではすき焼きや卵かけご飯など、卵を生で食べる文化があります。
一方フランスでは卵は調理するもの。そのため卵の殺菌方法がまるで違います。
57C582B2-F9A5-4447-95AA-F316DB7A2548.jpeg

フランスの卵は基本的に新鮮で質が高く、たくさんの卵料理が生まれたのが納得できるほど。
オムレツ、キッシュ、ウフポシェ、ウフ・アラコック、ミモザ、マヨネーズ、カスタード、ガトーショコラ、スフレなどなど......
11FFCAB3-C5A2-444F-A6C4-212D11EAC84E.jpeg
ただし、殻の殺菌が日本のようになされていないため、安易に生食するとサルモネラ菌が付着している恐れがあります。


アパルトマンやB&Bで長期滞在しようと考えていらっしゃる方の中には、自炊する日があるかもしれませんね。

その際、自分で卵を選ぶ基準をお伝えしたいと思います。
AD6AA08C-2D87-4C87-A41F-C35317380BAE.jpeg
日本では、卵はパックに入ってきれいに並んでいますよね。

一方フランスでは、まず殻が消毒されていません。羽や糞が少しついていることも少なくありません。
また、プラスティックのパックではなく、紙のパックに入っており中身が見えませんので、買う前に必ず開けて、割れていないか確認する必要があります。
A13DCA98-94DE-4F48-8130-BE698B97322D.jpeg
▲ひとつずつ好きな個数を買うことができるコーナーもあります。チーズ屋さんで有機卵が買えることも。

卵の選び方
殻に赤く印字されている番号がポイントとなります。
7CE3E9C6-66A8-4D77-999E-7F524D8C6327.jpeg
* 0 :少なくとも1羽あたり2.5平方メートルの広さのある屋外で、有機食材を食べて育った鶏の卵
* 1 :少なくとも1羽あたり2.5平方メートルの広さの屋外で育った鶏の卵
* 2 :9羽あたり1平方メートルの広さの屋内で、ケージなしで育った鶏の卵
* 3 : 1平方メートルあたり18羽いるケージの中で育った鶏の卵

このようになります。
0か1の卵の方がより濃い黄身です。
日本のようにオレンジ色の黄身はあまり見かけません。

もちろんパックにもわかりやすく、bio有機(biologiqueの略)の表示がされています。
B1E16E3E-45E2-4CC1-BEC8-9C40A050601A.jpeg
▲鶏が外にいる様子が描かれていてわかりやすいですね。これは0の卵。

6494E08D-1B35-4455-B558-48BEC5CBCEDE.jpeg
外食時、レストランでは選別された卵がきちんとした手順で調理されていますので、ウフポシェのように半生の料理を食べても問題ありません。
ただ、とっても手頃な価格で食べられる牛肉のタルタルにのった生の黄身や、生焼けのガレットにのった卵には注意が必要なこともまれにあります。

時差や長旅で疲労が溜まっていたり、免疫力が落ちていると通常よりも菌に当たりやすくなっていますので、そういった日は避けた方が無難です。

また、料理サイト chef Simon によると

生食用は産卵後9日以内
加熱用は産卵後28日以内

が基準なのだそうです。 例)CF10026B-0F38-4079-9D75-57B4593C47DD.jpeg▲産卵日は4月25日(pondu)、賞味期限は5月23日と書かれています。 日本よりもだいぶ短いですね。卵の鮮度を大切にしているようです。消費期限日よりも産卵日(la ponte)に注意してくださいね。 20DFD8C7-D6A0-4902-A378-6AC5F4CCA968.jpeg ▲黄身を半生で調理するオランデーズソースをかけた白アスパラガス。3月下旬から4月の旬の味です。 それではまた、à bientôt!

<p>*********************************<br>インスタグラムにて毎日パリをお届けしています!<br>
ブログに載せきれないことはこちらから☆<br>
・Instagram:
<a href="https://www.instagram.com/hiromi_paris3/" target="_blank" style="text-decoration: underline">https://www.instagram.com/hiromi_paris3/</a></span><br>
*********************************</p>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 生食NG?フランスの卵1.2.3

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について