トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 〜ワインの季節 2〜ボーヌ栄光の3日間とブルゴーニュのワイナリー見学 Domaine Fleurot-Larose

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

〜ワインの季節 2〜ボーヌ栄光の3日間とブルゴーニュのワイナリー見学 Domaine Fleurot-Larose

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年12月14日

Bonjour こんにちは!

ロマネ・コンティやモン・ラッシェに代表されるブルゴーニュワイン。
1DD307A1-ECDB-46A6-95EF-DFCC9675495D.jpeg
格付けがあり、上からグラン・クリュ Grand cru 、プルミエ・クリュ Premier cru 、ヴィラージュ Villageと呼ばれています。
何にその違いがあるのか?
これは14世紀にクリマ le climat と呼ばれる区画整備されたことが起源です。クリマごとのワイン畑からとれるブドウで造られたワインを指します。1247あるこのクリマは現在世界遺産にも登録されています。

この小区画のワイン畑ごとにワインの味は異なります。高価なグラン・クリュのクリマは100年後もグラン・クリュのワイン畑であり続けるのです。
880EB25F-24D5-42FB-831E-A71E851A7AB8.jpeg
すべてを紹介するのは難しいため、今回はパリから1泊の小旅行に最適なブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ、サントネ村にあるドメーヌ・フルーロ・ラローズ Domaine Fleurot-Laroseを紹介します。

サントネ村は温泉保養地でもあり、社交場のカジノもあります。ブルゴーニュワインの歴史に欠かせないボーヌ施療院まで車で20分ほど。

1843年、ジャック・マリー・デュヴォー家がこのサントネ村に醸造所、Chateau de Passe temps(シャトー・デュ・パスタン)を構えました。
フルーロ家が1912年に当主となり、ニコラさんでフルーロ家4代目。御子息は中学生の時の職業体験から、16歳にしてワイナリーを継ぐ意欲が高く、専門のコースを志しているのだそう。
9C1B81CB-4FBF-4E74-8305-447F9BEB623E.jpeg
▲現在の当主のニコラさんと奥様の久美子さん


シャトー・デュ・パストン Chateau du passe tempsは地上3階地下2階、1400平米に4つのカーブがあります。
2DD59232-0AE7-4F78-BFD5-CE9073343DB0.jpeg こちらのカーブは外気温の影響は一切なく、気温11.5度、湿度70%の最高の状態でワインを保存できるのです。

19世紀にはロマネ・コンティがこちらで醸造されていた歴史があります。
当時の城主はロマネ・コンティの畑から、途中馬を変えてまでこのシャトーにぶどうを運び入れていました。
FE1B70A3-7007-4CEA-A079-13E248660B3D.jpeg第二次世界大戦時にはこの地はドイツ軍に占領されましたが、当時の将校の計らいにより戦禍を潜り抜け、戦前のワインがいまも大切に保管されています。


日本から訪れる方も多いそうで、2018年には現天皇陛下もこちらのワイナリーを訪れ、食事やワインを楽しまれました。
0B526F0C-4AD4-42CE-9B09-139597022C1C.jpeg
▲こちらのテーブルでワインを召し上がられたそう。

8CBC9418-227E-406D-BE1B-B8C23FBAEFDD.jpeg

ワインのほかにも人気が高いのが、料理にも使いやすい、最高品質のワインを使ったジュレ。2F1515B7-8538-42D5-9238-2AC5EF1880A8.jpeg
白はフォアグラや海鮮類などを焼く際に使うと旨味が引き出され、ますますワインとの相性が増すそう。おみやげにもぴったりなサイズです。

なおシャトー見学は予約必須。
予約の際から久美子夫人が日本語でていねいに解説してくださいます。
「ブルゴーニュで最も美しいカーブのひとつといわれるシャトーデュパスタン。歴史あるカーブへ皆様をご案内いたします」とメッセージをいただきました。
----------------------------------------------------------
◆ドメーヌ・フルーロ・ラローズ Domaine Fleurot Larose
*Château du Passe Temps
7 route de Chassagne,21590 SANTENAY

*見学、購入は予約のみ。
→予約はこちらから:https://www.domaine-fleurot-larose.com/contact.html (公式サイト。英語)
*電話番号:‪+33 3 80 20 61 15‬
-----------------------------------------------------------
〈おまけ〉
◇おすすめのブルゴーニュ地方の訪問先◇

◆オスピス・ド・ボーヌ Hospices de Beaune
ブルゴーニュの厚情精神の現れであるボーヌ施療院。
FD1B0040-89B3-433B-924B-265237A3A4CD.jpeg
幾何学模様の屋根が目を引く15世紀のゴシック・フランボワイヤン様式の建築物です。現在ではワイン博物館でもあります。
その昔、ニコラ・ローランNicolas Rolinと妻ギゴーヌ・ド・サランGuigone de Salinsが自身の私財を投げ打って、妻と貧しい病人たちのためにこの救貧院を創立しました。そののち、経営存続のため、ブルゴーニュの貴族らがワイン畑を寄贈。質の高いワインの収益はこの救貧院の経営の助けになりました。1F7B3F25-C166-4265-B3D6-4E36255916B8.jpeg
現在はここで毎年11月第3日曜日にワインの競売会が開かれています(2020年は11月13日、14日、15日に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により12月13日に延期。入場者も限られての開催となり、一般の入場はできません)。「ボーヌ栄光の3日間」Les trois Glorieusesといい、世界中から買い付けに人が集まるため、イベントもたくさん開かれます。
破格の高値で取引されたワインの収益は、病院の経営、難病の研究など、医学の発展に充てられています。世界で最も歴史ある、有名なチャリティでもあるのです。2021年の161回目の開催はぜひ見てみたいですね。
パストン城ではこちらの競りで落とされたワインの熟成から瓶詰めまでをお願いすることができます。 670861BE-2099-4D6D-B496-AB489AFFA19D.jpeg▲これは2011年に競り落とされたもの。

ブルゴーニュワインのいまもなお受け継がれる伝統と歴史。ワインを語るうえで決して外せない場所と言えます。ぜひブルゴーニュを訪ねてみてください。
---------------------------------------------------------
◇ブルゴーニュ地方へのアクセス◇
ブルゴーニュの主要都市ディジョン Dijonへはパリ・リヨン駅からTGVで1時間40分。ボーヌへは在来線TERに乗り換えて20分。
どちらもOui.sncfの公式ウェブサイトより簡単に予約できます。
注)12月15日より地方間の移動も解禁されます!
----------------------------------------------------------
◆ボーヌ施療院 Hospices de Beaune
・営業: 毎日
・住所: 21200 Beaune
・開館時間: 3月25日〜11月19日 9:00〜18:00
冬の閑散期は9:00〜11:30、14:00〜17:30と昼休憩があるので注意してください
・入場料: 大人 €7.5、10歳〜18歳 €3
・URL: hospices-de-beaune.com

------------------------------------------------------
■ボーヌ栄光の3日間
・住所: 21200 Beaune
・開催日: 2020年12月13日
・入場料: 例年は無料。2020年は一般開放なし。
・URL: https://www.beaune-tourisme.fr

*********************************
インスタグラムにてパリをお届けしています!
@hiromi_symparis
https://www.instagram.com/hiromi_symparis
ブログに載せきれないことはこちらから☆
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 〜ワインの季節 2〜ボーヌ栄光の3日間とブルゴーニュのワイナリー見学 Domaine Fleurot-Larose

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について