トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > クロワッサン論争

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

クロワッサン論争

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年10月 9日

Bonjour こんにちは!

10月に入り、めっきり秋らしくなってきたパリ。
昼間は日差しで暖かい日もありますが、それでも15度ほど。朝晩はコートにマフラーが欠かせません。

さて、パリジャンの朝ごはんといえば、皆さん何を思いつくでしょう?
最近ではシリアルを召し上がる方も多いようですが、クロワッサンやパン・オ・ショコラ、ショッソン・オ・ポムなどヴィエノワズリーと呼ばれる甘めのパン、それとコーヒーが定番です。
6D1F78A6-02A3-4D5D-BD4E-D31A0C93F3B3.jpeg
普段は家で食べてから外に出ることが多いのですが、今日はクロワッサンを食べたい!と思って朝からパン屋さんに駆け込むこともあります。
時には目の前を通りかかり、焼きたての香りにつられ、お腹が減っていなくてもつい買ってしまうことも。
6E02BB65-1A7C-46B4-892F-1ED291F7C594.jpeg
フランスの代名詞とも言えるクロワッサンですが、実はフランス発祥ではありません。オーストリアのウィーンなのです。
三日月型はその町の形から生まれたとか。クロワッサン・オ・ブールcroissant au beurre はそのあとフランス流にアレンジされたものだとか。
どちらか1種類しか置いてないパン屋さんも多いですし、パティスリーによっては甘いプラリネを挟んだものも。パン屋さんによって個性があるのであちこち試すのは楽しいです。それにたいていひとつ€1ちょっとで買えてしまうのです。
フランスに来た当初、どこのパン屋さんで買ってもおいしくて、自分のナンバーワンクロワッサンを決めようとあちこちに足を延ばしていました。
両親が来た際に、せっかくだからおいしいクロワッサンを食べてもらおうと、毎朝あちこちで買ってはせっせとホテルまで届けに行きました。自分ひとりでは、朝ごはんのためだけに、これほどいろんなパン屋さんに行かなかったと思うのでいい機会でしたが、最終日にはもうクロワッサンはいいやと言われてしまったほど......パリジャンも毎日は食べないんだそうです。

そして私のクロワッサンランキングですが、実はまだ決まっていません。というのも、どこもおいしすぎるからです。また日によって焼きムラがあったり、確実にここが一番!となかなか言いにくいのも事実。
お気に入りのパン屋さんに行ったら今日のクロワッサンは焼き過ぎだと思うわ、と店員さんから告げられ、見てみるとたしかに焦げ気味なことも。

ホテルの朝食もすてきですが、パン屋さん開拓も楽しいですよ! 毎朝でなくとも、旅行中にぜひ一度パン屋さんでクロワッサンを試していただきたいです。その際の注文の仕方は「ボンジュー、アン クロワッソン、シルヴプレ」だけで大丈夫です。

ぜひお試しくださいね。
それではまたA bientôt!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > クロワッサン論争

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について