トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > ヨーロッパ文化遺産の日の過ごし方【2021年に向けて】

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

ヨーロッパ文化遺産の日の過ごし方【2021年に向けて】

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年9月23日

Bonjour こんにちは!
毎年9月の第3土曜日、日曜日は「ヨーロッパ文化遺産の日 Les journées du patrimoine 」と呼ばれ、パリ市内にあるほぼすべての施設を見学することができる特別な日となっています。
美術館や博物館、図書館や公園では特別なイベントが行われます。
それだけでなくこの日ばかりは普段は簡単に入れない場所も開かれるのです。
たとえば、エリゼ宮、各国の大使館、大学、パリ市庁舎、フランス銀行、コメディ・フランセーズ、ユネスコ。


この取り組みはもともと1985年にスペインで生まれた活動で、いまやヨーロッパ全土に拡がり、フランスでは2020年に37年目を迎えました。
いまでは約3000万人が参加する大規模なイベントです。

子供たちが文化や歴史に実際に触れることのできる機会でもあり、各機関がそれぞれにイベントやゲーム、エクスポジションを開くなど、この週末はまるで町ごとアトラクションになったような楽しみ方ができます。

パリ市内だけでもかなりの数のイベントが開かれるため、選ぶだけでもたいへんです。
そこで、この週末だけ特別開放されている、普段入ることのできない建物を紹介します!


■パリ市庁舎 Hôtel de Ville de Paris

BB396B88-47C4-41E7-90E9-C777F14DAACC.jpeg 19世期末に建てられたネオ・ルネッサンス様式の建物です。 今年2020年のテーマの「文化遺産と教育、生きるために学ぶ」に合わせてお花屋さん、鍵屋さん、絨毯や時計屋さんなどさまざまな職人たちのアトリエに参加することができます。 B9C3FE26-8FB0-4D3D-899F-8CE0CA058B41.jpeg(写真提供:Hôtel de Ville)

実はパリ市は400年もの歴史があると明治時代の日本の本に記されているのだとか。シャルル・ド・ゴールの空母のミニチュアや現代アートのプログラムまで、多岐にわたるイベントとなっています。
BE4C4EF0-EF4A-4365-95EE-EC75A1CDFFEB.jpeg(写真提供:Hôtel de Ville)
1D75E980-B07F-4E1B-B744-8ED333697B89.jpeg
▲パリ市庁舎の内部はとっても豪華!
EA92F272-81DF-4311-B042-6B50FE99BE73.jpeg(写真提供:Hôtel de Ville)
内部ではエクスポジションやパリ市長に扮して写真が撮れるスポットなどイベントも盛りだくさん。ゲームで盛り上がる家族も多くいました。


    公式ウェブサイトはこちら
    ・URL: https://www.paris.fr/

    ・住所: Place de l'Hôtel de Ville 75004 Paris
    ・アクセス: メトロ Hôtel de Ville駅


■ユネスコ La Maison de l'UNESCO

5EC06994-575E-418F-8B6C-9DA043DB6E9C.jpeg パリのユネスコ本部には世界中の芸術家の作品が25も置いてあります。すべてユネスコのために寄付されたもので、たとえばジョアン・ミロの壁画、ジャコメッティの彫像、ピカソの壁画など。 日本からは野口勇(イサム・ノグチ)さんの日本庭園、佐藤 忠良(さとうちゅうりょう)さんの少女の像が寄付されています。 こうした貴重な作品が世界中から一堂に会しているさまは圧巻です。 建物はYの形をしており、アメリカ、イタリア、フランスと各国の建築家の共同制作。どこにも偏らないリベラルな考え方で、文化遺産を守り続けるユネスコの考えをしっかり学べるイベントとなっていました。

パリのユネスコ本部にはジャコメッティの銅像やピカソの絵があり、まるで美術館。すべての作品にキュレーターを目指す学生さんがいて、解説をしてくれます。

なお、ユネスコ内部のおみやげもの屋さんは普段から入ることができます。
図書館は登録することで利用可能です。

    ・住所: 7, place de Fontenoy 75007
    ・アクセス: メトロ Ségur-UNESCO駅 Cambronne駅 École Militaire駅

■フランス銀行 Banque de France

18世紀の貴族、トゥールーズ卿の館だったため、建物全体がお城のよう。特にきらびやかな黄金の間は必見です。 ユーロのお札を印刷する機械も見ることができます。 偽札の見破り講座も行われています。 厳重に警備を施された巨大な金の延べ棒も展示してあります。


    ・住所: 1 rue Radziwill 75001 Paris
    ・アクセス: メトロ Palais Royal Musée du Louvre駅から徒歩4分


■ソルボンヌ(パリ第3、4大学)La Sorbonne

フランスでは大学は開かれた施設ではありません。 普段は一般客にはその門は閉じられています。年に一度、この週末だけ訪問が許されており、人気のスポットです。 2422CA53-709A-4294-B26C-921E3EB80076.png 実はパリにソルボンヌ大学という名前の大学は存在しません。市内の区と同じく、大学も数字がついているだけ。9を除く1〜13まで存在していて、複合大学が多いためまったく違うわけではないのですが、それぞれにカラーがあります。 文学が盛んな4はよりクラシカル、3は文学にとどまらず演劇や現代も研究するため、ヌーベル、新しい・ソルボンヌと呼ばれています。 151C03D2-6AF2-4CEF-B81F-4B902A57C5D5.jpeg ▲学部別の卒業式のユニフォーム。左から文学、科学、医学。grand métier と呼ばれる学部にしか存在しません。 7C49249D-2A04-4443-948C-B9674DECD075.jpeg▲セレモニーが行われる大講堂。奥には左からリシュリュー卿、パスカル(哲学者)、ラヴォアジエ(科学者)、ロラン(歴史家)、デカルト(哲学者)、ソルボン司祭(創立者)の像が飾られています。


パリ大学はすべて公立大学で、フランス国民であれば誰でも年間€200ほどの学費で学ぶことができるのです(2018年頃からユーロ圏外からの留学生の学費を10倍値上げすることが検討されています。それに対抗したデモ活動も行われており、明確な日程は2020年現在不明のままです)。

大学グッズを扱うショップは大学の外にあります。ノートやTシャツの販売があります。ただ、フランスでは大学グッズを身につけた学生を見ることはあまりありません。

    ・住所: 15-21 Rue de l'École de Médecine, 75006 Paris
    ・アクセス: メトロ Cluny - La Sorbonne駅

    ◇大学グッズブティック
    ・場所: 10 rue de la Sorbonne
    ・営業時間: 月曜〜金曜 10:00〜13:00、14:00〜18:00

■パレ・ロワイヤル Palais Royal

3CD1E92B-692D-48C2-99DD-1D0DB6F6CA9C.jpeg パレ・ロワイヤルの庭園はいつも大人気で、市民の憩いの場となっていますね。 2703B59D-F8C6-4DB0-B996-C188E5D39C0E.jpeg パリ市の象徴ともいえる緑のベンチはここだけ詩や名言が入れられており、普段からフランスのエスプリに触れられる場所でもあります。 9A15DE1B-B8E3-44E3-9CB8-F61188F16611.jpeg FE021ABF-D2FE-4BBB-AED3-6CB95694B77D.jpeg ▲ポル・ビュリー Pol Buryによる作品「球 Les Spherades」


この庭園をぐるっと囲む、この建物もやはりもとは貴族の館でした。過去には詩人、コクトーも住んでいたことがあります。
9C5385B7-B4D5-4F07-ACC1-532876552E58.jpeg
現在は文化庁、国務院、劇場として使われており、年に一度、ヨーロッパ文化遺産の日にだけ一般開放されます。

文化庁 La Ministère de la Culture
もともと、フランスは文化を守ることが自国の発展につながるという考えがあり、17世紀ルイ14世の時代にアカデミー・フランセーズが創設されました。その考えを引き継いで、シャルルドゴール将軍により第五共和制、1959年に文化庁が設立されました。
美術 Beaux-arts 、演劇、オペラ、文学、映画などフランスの文化に関するすべてを司り、推進する機関となっています。

国務院 Conseil d'Etat
ルイ14世時代から政府の行政上の諮問機関であり、法案作成などを受け持つとともに最高行政裁判所の機能がある、重要な場所です。国務院長でもある副大統領のオフィスも見ることができます。

コメディ・フランセーズ Comédie française
リシュリュー卿が自身の館にオペラを建設、その劇場が現在も使われている歴史ある劇場です。1763年、1781年火事に遭い、200年以上何度もリノベーションを施し、2013年1月に現在の形になりました。

    ・住所: 2 Galerie de Montpensier, 75001 Paris
    ・アクセス: メトロ Palais Royal Musée du Louvre駅


そして、エリゼ宮。
フランス大統領のオフィスを実際に見ることができるとあって、例年一番人気の場所です。朝5時に並び始め、見学できるのは13時頃だとか......昨年はインターネットでの予約を開始、即予約が埋まりました。

    ・住所: 55 Rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris
    ・アクセス: メトロ Miromesnil駅、Champs-Élysées-Clemenceau駅


そのほかにも多くの催しが開かれます!
2020年開かれたイベントを検索できるサイトはこちら(英語)

http://traduction.culture.gouv.fr/url/Result.aspx?to=en&url=https%3A%2F%2Fjourneesdupatrimoine.culture.gouv.fr%2Fprogramme


今年参加できない施設は来年に向けてすでに準備を始めているそう。
9月、パリ散歩を楽しむのに最高の時期です。第三週にいらっしゃる際はぜひヨーロッパ文化遺産の日の参加も検討してみてください。

それではまた à bientôt!

(掲載している写真は許可を得たもの、または施設より提供していただいたものを使用しております)

*********************************
インスタグラムにて毎日パリをお届けしています!
@hiromi_symparis
https://www.instagram.com/hiromi_symparis
ブログに載せきれないことはこちらから☆
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > ヨーロッパ文化遺産の日の過ごし方【2021年に向けて】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について