トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > ノートルダム寺院火災から1年。歴史を振り返るエクスポジション開催

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

ノートルダム寺院火災から1年。歴史を振り返るエクスポジション開催

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2020年4月21日

Bonjourこんにちは。

昨年2019年4月15日、ノートルダム大聖堂の塔が焼け落ちる火災がありました。
現在も閉鎖し、改修工事が行われています。
6A0F2BC4-4162-4B06-9C1A-43D5EA75AAA8.jpeg
火災から1年を追悼し、インターネット上でパリ市の美術館によるエクスポジションが開かれています。
カルナヴァレ美術館、現代美術館、プティパレ、ロマン主義美術館、ジーン・ムーラン美術館の6つの美術館の合同作成でノートルダムに関する史料や絵画127点が無料で見られます。

☆エキスポジションはこちら

http://parismuseescollections.paris.fr/fr/expositions-virtuelles/notre-dame-de-paris-en-plus-de-100-oeuvres

ノートルダム寺院はパリ1区、シテ島に1163年に建てられました。
シテ島はガリア族が最初に住み着いた地、パリ発祥の地です。
フランスにおける0km地点(すべてのルート検索においての中心となる地点)なのです。
そのパリのはじまりの地に建てられたノートルダム。その名Notre-Dameとは、マリアのこと。
フランス革命で壊滅的被害を受け、しばらく放置されていましたが1831年、作家ヴィクトル・ユゴーが「ノートルダム・ド・パリ」を発表したことで再び人気に火がつきました。

今回の取り組みの主旨は、これらの史料を各研究分野の視点から見直し、焼けてしまった塔も含め、ノートルダム大聖堂のパリにおける重要性を再確認させること。
A4928321-43B3-4E07-869C-C1AF34593C51.jpeg
その流れは

セクション1. 歴史的建築物としての重要性を建築学・数学の視点から

セクション2. 文化・宗教上での重要な地であること。有名なクリスマスのミサ(昨年は1803年以来216年以来初めてミサの執り行いがなされませんでした)や歴代の王との関係からその歴史を振り返ります。

セクション3. ノートルダムの永遠性をヴィクトル・ユゴーの作品やヴァーチャル動画を使って説明しています。

改修工事が終わって内部見学ができる日までに、こうしておさらいしておうち時間を過ごすのもいいですね。
0EA7ECED-4C3F-4FD4-AF99-72327FB2BABB.jpeg
連日天気がよく20度前後のパリ。
5月11日まであと20日! がんばって乗り越えましょう!

それではまたà bientôt!

*********************************
毎日更新!
インスタグラムにてパリの今をお届けしています!
@hiromi_symparis
https://www.instagram.com/hiromi_symparis
ブログに載せきれないことはこちらから☆
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > ノートルダム寺院火災から1年。歴史を振り返るエクスポジション開催

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について