トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 【セーヌ橋物語その1】詩にも詠われたLe Pont Mirabeau

フランスフランス/パリ3特派員ブログ

【セーヌ橋物語その1】詩にも詠われたLe Pont Mirabeau

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年4月 8日

Bonjour こんにちは!
今日はパリ市内に数ある橋のひとつ、
15区と16区を結ぶle Pont Mirabeau ミラボー橋をご紹介します。
462F2777-5BA2-45B8-90BB-38B4C219B643.jpeg
どちらも住宅街で目立った観光名所はありませんが、おいしいパン屋さんやエッフェル塔が望めるカフェが多くある落ち着いた地区。

パリはセーヌ川を挟んで北を右岸、南を左岸と呼びます。
右岸には凱旋門、ルーブル美術館、ヴァンドーム広場、サクレクール寺院、
左岸にはエッフェル塔、オルセー美術館、モンパルナス、ソルボンヌがあります。
パリ市内には右岸と左岸を結ぶ橋がなんと37もあります。
ミラボー橋は下流から3つ目です。


有名なアレキサンドル三世橋と同じ建築家による橋で、煌びやかさこそ劣るものの、優美さでは抜きんでた橋です。
この橋は、20世紀初頭の詩人、アポリネールの詩が有名です。橋のたもとにも詩の冒頭が彫られた青銅板が飾られています。
日本語にするとうまく表現できないのですが、美しいLyme リム、韻を踏んでいるのです。
ちなみにフランス語で「リムがない」というと「意味がない」という意味にもなります。普段の会話からリズムを大切にするお国柄が感じられます。
56129E94-23D7-467C-AF69-A671741C3B82.jpeg
フランス文学ではよく愛が水に例えられます。
アポリネール氏は画家のマリー・ローランサンと恋仲にありました。自身と年の近い、ミラボー橋に自身の愛を重ね合わせたといわれています。

彼もイタリアからパリに来て華開いた芸術家のひとり。
言葉で絵を描く前衛的な詩のつむぎ方(カリグラム)をしたことでも知られています。表現方法もそれまでとは違う自由なもの。まさに、詩の世界のアヴァンギャルドavant-gardeだったのです(gardeは守るという意味。その前にいる=前衛的と訳されます)。

アポリネールを紹介する上でもうひとつ欠かせない場所があります。
カフェ=ド=フロール café de Flore。
7DDD6D30-F5E3-4660-BAC8-F8B93758F6AE.jpeg
サン=ジェルマンにあるとても有名なカフェのひとつです。
彼は自身の創刊する文学雑誌の編集室としてこのカフェを友人と買い取りました。
この詩も、そうして創刊されたひとつ、「Alcools」に収められたのです。この創刊の翌年にパリは世界第一次大戦に突入します。

パリの町並みは古く、それだけに一つひとつ歴史があります。知っているとその場所を通るとき、過去と繋がれるような気がして少しうれしくなります。
これからも、町の紹介とともにこういった歴史や文学をほんのちょっぴりお伝えしていきたいと思います。

これからテラス席にはぴったりの季節の到来ですが先月よりパリではカフェの営業は禁止。
どうか一刻も早い終息を祈って、訪れたい場所を夢想しながら今は自宅待機です。

それではまた、à bientôt!


    ミラボー橋
     この橋の下、セーヌは流るる
     私たちの愛もともに
     覚えておかねばならぬ
     喜びはいつも苦しみのあとに

     夜の帳がときを打つ
     私を残してときは去る

     手を繋ぎ、向かい合うとき
     私たちの間に
     セーヌのごとく永遠がそこに

     夜の帳がときを打つ
     私を残してときは去る

     愛はこの流れのように流るる
     愛は流るる
     長すぎる人生を残して
     大きすぎる希望を残して......

*********************************
毎日更新!
インスタグラムにてパリの今をお届けしています!
@hiromi_symparis
https://www.instagram.com/hiromi_symparis

ブログに載せきれないことはこちらから☆
*********************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ひろみさん

フランス・パリ3特派員のひろみさんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ3特派員
名前:ひろみさん

ひろみさん

大学ではフランス文学を専攻していました。が、いざパリに住んでみてびっくりな事がたくさん!そしてその度にますますフランスが大好きになっています。 日本とフランスには、似ているところもたくさんあると考えています。料理、言葉、そして人も。 日常から発見した小さなことからフランス流のびっくり処世術までジャンルを問わず書いていくつもりです。みなさまのご旅行のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_YiMFobfFiT

パリ3特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ3特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ3特派員 > 【セーヌ橋物語その1】詩にも詠われたLe Pont Mirabeau

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について