トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ2特派員 > 【番外編】パリからTGVで45分、マルシェ・ド・ノエルでにぎわうランス探訪(プチ注意情報あり)

フランスフランス/パリ2特派員ブログ

【番外編】パリからTGVで45分、マルシェ・ド・ノエルでにぎわうランス探訪(プチ注意情報あり)

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / ショッピング・雑貨・お土産 / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年12月 6日

01DSCF1759.jpg


今回は、番外編。。。


パリ東駅からTGVで45分、


現在、マルシェ・ド・ノエルで湧くシャンパンの有名メーカーの拠点が多く集まり、世界遺産にも登録されているノートルダム大聖堂がある町 Reims(ランス)を取り上げたいと思います。


2019/12/5からパリ市内・近郊を走る公共交通機関RATPやフランス国鉄SNCF、また、航空会社など、かなりの規模で無期限デモが繰り広げられておりますが、パリからオプショナルのバスツアーなどもあったりします。ご興味ある方は、是非、記事をチェックしていただけたらと思っております。


また、現在、ランス訪問される際に、代表する観光場所の休業情報も合わせて紹介させていただきます。


訪問予定のある方、ご興味ある方は、最後まで、お見逃しなく。。。

DSCF1765.jpg


ランスのクリスマスはランス市内の繁華街中心部のシンボルでありますメイン会場、Cathédrale de Notre-Dame(ノートルダム大聖堂)前広場、Place du Cardinal Luçon にフランス国内3番目の規模を誇る145ものマルシェ・ド・ノエル、そして、市内中心部各地でさまざまなイルミネーションやシンボリックなクリスマスツリー、大きな観覧車、ほぼ日替わりで繰り広げられるさまざまなクリスマスイベントを堪能できるのが魅力です。


DSCF1727.jpg


メイン会場、ノートルダム寺院前広場のマルシェ・ド・ノエルへのアクセスは会場周辺4ヵ所にセキュリティーゲートが設けられています。そこで荷物&ボディーチェックを抜けないと入場できないようになっており、車両も原則的には禁止されております。


DSCF1871.jpg


イルミネーションは18:00から毎晩、点灯され、週末(金・土・日)には、さまざまな音楽が堪能できます。
ちなみに、私が訪れた11/30、12/1の週末は、ケルト音楽やマーチングバンドの行進などが催されておりました。


DSCF1856.jpg


また、Place d'Erlon(エルロン広場) には、50mの高さの巨大観覧車があり、開催期間中、毎日10:00 - 22:00まで乗ることができます。(大人:8ユーロ/小人(10歳未満):6ユーロ)

イベント詳細など気になる方は、フランス語のみでありますが、会場のプログラムがPDFで用意されておりますので、是非チェックしてみてください。
▶︎ Marché de Noël Reims 2019 開催期間中のプログラム資料


マルシェ・ド・ノエルに関する注意についてですが、開催期間をよくチェックしていただきたいのです。フランスでは、よくある年越しをまたいでのマルシェ・ド・ノエルではなく、開催期間も12/29までとなっております。さらに、


- クリスマス前々日の12/23は20:00まで
- クリスマス・イヴの12/24は18:00まで


と終了時間が通常より早く、さらに、


- クリスマス当日の12/25は終日、休場日


となっておりますので、クリスマス前、クリスマス当日にはご注意ください。


DSCF1865.jpg


それと2019年12月現在で、ランスを訪れる際、マルシェ・ド・ノエル以外で現地観光されたい方に向けて、気をつけていただきたい情報がございます。
以下の情報、豆知識として、頭に入れておかれるとよろしいかと思います。


DSCF1813.jpg


1. Chapelle Foujita(フジタ礼拝堂)は現在休館中なので、中に入ることはできない。


ランスといえば、映画のモデルにもなりました日本人画家、レオナール・フジタ、藤田嗣治が手がけたフジタ礼拝堂を訪れたい方も多いかと思います。ですが、フジタ礼拝堂は開館期間が5/2 - 9/30までとなっており、クリスマス期間中である現在は、礼拝堂の中を見学することはできないので、ご注意ください。
ただ、このように、柵越しからの撮影はできないことはないので、建物を外から眺めるということになるかと思います。


*情報メモ*
Chapelle Foujita(フジタ礼拝堂)の開館情報
開館期間:毎年 5/2 - 9/30まで
開館時間:10:00 - 12:00 / 14:00 - 18:00
休館日:毎週火曜日
所在地:33 rue du Champ de Mars 51100 Reims ▶︎地図はこちら
入場料:5ユーロ(ランス市内の美術館、musée des Beaux-Arts、musée Saint-Remi、musée du Fort de la Pompelle、musée de la Redditionいずれかとの共通チケットのみでフジタ礼拝堂のみの単独入場料は存在せず)(2019/12現在)
最寄駅:
バス:7番線(Foujita停留所下車)
トラム:A線もしくはB線(Schneiter停留所下車)


2. Musée des Beaux-Arts(ランス美術館)は現在、改修工事のため2023年まで閉館


こちらも楽しみにしていらっしゃる方いるのではないでしょうか? ランス美術館も2019/9/23から、改修工事が始まっており、現在、閉館となっております。こちらは2023年までとなっており、かなりの期間だと思います。もし、ランス美術館をランスの楽しみのイベントのひとつとして数えられている方、ご注意ください。


****************************


*イベント情報*
イベント名:Le Marché de Noël de Reims(マルシェ・ド・ノエル ランス)
開催期間:2019/11/22 - 2019/12/29
開場時間:
月曜日:14:00 - 20:00
火曜日 - 木曜日:11:00 - 20:00
金曜日・土曜日:11:00 - 21:00
日曜日:11:00 - 20:00
* 但し、
12/23:11:00 - 20:00
12/24:11:00 - 18:00 なので注意。
休場日:12/25
入場料:無料(ただし、会場4ヵ所より、セキュリティーチェックゲートあり)
所在地:(メイン会場)ノートルダム寺院 Place du Cardinal Luçon, 51100 Reims ▶︎地図はこちら
URL:
▶︎ランス市制作によるマルシェ・ド・ノエル専用ページ(フランス語)
▶︎ランス市観光局によるマルシェ・ド・ノエル専用ページ(フランス語)
▶︎マルシェ・ド・ノエルプログラム(PDF)
最寄駅:フランス国鉄 Gare de Reims(ランス駅)より徒歩12分(メイン会場ノートルダム寺院まで)▶︎地図はこちら
* パリ市内からだと、Gare de l'Est(パリ東駅)よりTGVで約45分

*******************************************************

New !!

noteはじめました。エッセイ更新中。是非ご覧ください。

IMG_4810.PNG

*こちら、Noteにも今回のランスの週末旅、記事にしております。どうぞ、合わせて、ご覧ください。

毎日1枚、パリの風景写真を更新しております。もしよろしかったら、遊びに来てください。

Design.PNGのサムネイル画像

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ラズール・ミホコ

フランス・パリ2特派員のラズール・ミホコが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ2特派員
名前:ラズール・ミホコ

ラズール・ミホコ

1976年千葉県出身。在仏14年目。仏領レユニオン島出身の配偶者を持つ。2016年3月まで、リヨン居住。その後、現在パリ在住。大学時代からの写真愛好家で、現在は、パリを中心に風景を主に撮影。2014年開始のインスタグラムは毎日更新。仏、伊、英、西の写真紹介ページで多数ベストフォト受賞歴あり。フォロワー数800名突破(2017年12月現在)。また、自身のポートフォリオとパリ・ミニ情報の公式サイト【point2vue410(ポワン・ドゥ・ヴュ・視点)】も運営
リンク
・point2vue410
・FaceBook
・Twitter
・Instagram DISQUS ID @disqus_JieWCspimI

パリ2特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ2特派員 > 【番外編】パリからTGVで45分、マルシェ・ド・ノエルでにぎわうランス探訪(プチ注意情報あり)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について