トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ2特派員 > 日本でも報じられているセーヌ川増水のニュース - パリ15区・16区界、白鳥の小径〜ビル・アケム橋の状況をレポート

フランスフランス/パリ2特派員ブログ

日本でも報じられているセーヌ川増水のニュース - パリ15区・16区界、白鳥の小径〜ビル・アケム橋の状況をレポート

カテゴリー:天気・気候・気温 投稿日:2018年1月24日

IMG_0483.JPG

昨年末から雨がちな天気が多く続くパリですが、長引く雨よりセーヌ川が増水し、2016年6月のような事態になりつつあり、一時は、収まりつつあったのですが、また、再び、増水が復活といった状況です。

フランスの放送局BFM TVのニュースによると、1/23(火)の時点で、水位は、4.86 mまで達しており、このまま増水が続けば、明日、水曜日には、5.40mまで達し、このままでは、2016年6月に記録した6.10mにも達するのではないかという勢いとのことです。
▶︎動画ニュースはこちらから。。。 (©︎ BFM TV from YouTube )

なお、明日1/24(水)から、パリ市内を走るRER C線の6駅、Saint-Michel Notre-Dame駅(シテ島、ノートルダム大聖堂最寄駅)、Musée d'Orsay駅(オルセー美術館最寄駅)、Invalides駅(アンヴァリッド最寄駅)、Champs de Mars駅(エッフェル塔最寄駅)、Avenue du Président Kennedy駅Boulainvilliers駅で運行中止が決定しております。
途中、Pont de l'Alma駅もRER C線にはありますが、現在、工事中なので、以上の6駅区間での運行中止となります。現時点では、1/26(金)までの運行中止が決定しており、今後の水位次第では、延長等もあるかもしれません。
最新情報(1/25(木):1/31(水)まで期限延長となったようです。(情報元:BFM TVニュース))

観光地を通る路線なので、利用される方は、お気をつけ下さい。(以上、BFM TVニュース より)

では、実際、現在、どのような状況になっているのでしょうか?
本日、フランス時間、1/23(火)15:00時点でのパリ15区と16区の区界、セーヌ川の中洲、île aux Cygnes(白鳥の小径(島))周辺をレポートしたいと思います。

IMG_0489.JPG

IMG_0487.JPG

まずは、白鳥の小径先端部分の自由の女神像付近から。
いつもは、この橋の下をくぐると、自由の女神像へ行けるのですが、すでに、先端部分は、水位上昇で、このような状況に。。。
とてもでないと、向こうへ渡ることができない状況です。いつもこの付近は、自由の女神像手前に、トレーニング器具があり、トレーニングをしている人たちでにぎわっているのですが、トレーニング器具も水没してしまっています。

IMG_0502.JPG

次に、小径をPont Bir-Hakeim(ビル・アケム橋)方面へ歩を進めてみると。。。
上の写真は、いつも、ランチやディナークルーズ船が停泊するための乗船場なのですが、こちらも水没してしまっています。

IMG_0504.JPG

中洲の小径を上がる直前、ビル・アケム橋付近では、まもなく、通行止めになるのではないか?という状況でした。
ただ、私が通行していた時点では、まだ、他の人も歩いていたので、大丈夫ではありましたが、ある程度の水位に達したら、おそらく、小径全体が通行止めになるものと思われます。

IMG_0514.jpg

IMG_0508.JPG

小径を抜け、ビル・アケム橋の状況は、橋桁がほとんど、水没してしまっています。
両方とも写真は、15区側の景色を撮影したものです。
ちなみに、ここ、ビル・アケム橋は、エッフェル塔の撮影スポットとして、有名で、この橋の上で、撮影している観光客の方、多く見受けられるので、くれぐれも、お気をつけ下さい。

IMG_0512.JPG

IMG_0511.JPG

最後に、セーヌ川沿いの車道ですが、完全に水没してしまっています。
もちろん、こちらの区間は通行止めです。

以上のように、セーヌ川周辺へは、なるべく、近づかないように、今後の動向も含め、ニュースでチェックしつつ、パリ観光を楽しんでいただきたいと思います。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ラズール・ミホコ

フランス・パリ2特派員のラズール・ミホコが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ2特派員
名前:ラズール・ミホコ

ラズール・ミホコ

1976年千葉県出身。在仏14年目。仏領レユニオン島出身の配偶者を持つ。2016年3月まで、リヨン居住。その後、現在パリ在住。大学時代からの写真愛好家で、現在は、パリを中心に風景を主に撮影。2014年開始のインスタグラムは毎日更新。仏、伊、英、西の写真紹介ページで多数ベストフォト受賞歴あり。フォロワー数800名突破(2017年12月現在)。また、自身のポートフォリオとパリ・ミニ情報の公式サイト【point2vue410(ポワン・ドゥ・ヴュ・視点)】も運営
リンク
・point2vue410
・FaceBook
・Twitter
・Instagram DISQUS ID @disqus_JieWCspimI

パリ2特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ2特派員 > 日本でも報じられているセーヌ川増水のニュース - パリ15区・16区界、白鳥の小径〜ビル・アケム橋の状況をレポート

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について