トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランス観光をアニメでPR、フランス開発機構が映像で描くポストコロナの見どころ

フランスフランス/パリ特派員ブログ

フランス観光をアニメでPR、フランス開発機構が映像で描くポストコロナの見どころ

カテゴリー:お知らせ / エンターテイメント・音楽・ショー / ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2022年7月21日

8681.jpg


フランスの政府観光局のような役割を担っているフランス観光開発機構が、「あなたのフランスはどんなところ?」と題したアニメを公開しました。ポストコロナのフランス各地の魅力について、日本のアニメ制作会社「studio daisy」に依頼して制作した、アニメによる観光プロモーションです。

アニメ制作の監督をりょーちもさんが担当


アニメでは、主に3組の旅行客(カップル、若い女性グループ、孫娘から祖母まで3世代の家族)が主人公。彼らの旅の様子が表現されています。



今回アニメ内で焦点を当てられたのが、モン・サン・ミッシェルなど日本人にも人気な観光地を抱えるノルマンディー地方、フランス王家ゆかりの城が並ぶサントル・ヴァル・ド・ロワール地方、伝統とモダンが融合して変革を遂げ続ける首都パリ、そして昨年パリで再オープンした老舗百貨店サマリテーヌです。


8682.jpg


制作には『夜桜四重奏』『夜の国』の、りょーちもさんが監督を務め、演出は清水理央さんが担当しました。今回の作品について、りょーちもさんは「フランスと日本を繋ぐステキな旅に出かけてもらえるそんな映像にしたくて、優しくてステキな仲間と一緒に作りました。見てもらえると嬉しいです」とコメント。清水さんは「日本の人にとって、一般的に思い浮かべる日本のアニメーションとは違った、目を引く新しいビジュアルである一方、フランスはじめ日本の文化外の人からは、日本のアニメーションらしい可愛さが感じられるものとなっています」と述べています。


8683.jpg


音楽は、ドビュッシーの『アラベスク第1番』の主旋律をモチーフに展開。耳馴染みのあるメロディーからエレクトリックなサウンドまで、いろいろな音を詰め込み、一度耳にしたら気になってしまい、また曲自体の弾みのあるノリで、旅にいきたくなるようなリズムになっています。


8686.jpg

▲パリのモントルグイユ通り


各シーンは、アニメの映像をできるだけリアルにするため、各シーンの背景は実際に現地で撮影された写真をベースにして制作されました。制作スタジオがフランスを訪れてのロケ撮影ができなかったため、現地での撮影班に撮影する際のカメラの高さ、画角や構図まで細かく指定して細かく撮影したそうです。


また、それぞれの場所の地理や空間を把握し、実際に人物がいた場合の見え方を検証。いくつかの場所では、パートナーの協力の下、スタジオと現地をオンラインで繋いでのロケ撮影を実施しといいます。



アニメ内で登場する観光スポット


■ノルマンディー地方


ノルマンディー地方はパリから列車で気軽にアクセスできるエリア。ルーアン旧市街の街並み、緑溢れ牧歌的なペイ・ドージュ、そしてモン・サン・ミシェル湾の干潟を素足で散策など、多様な体験ができます。ノルマンディー地方の特産物も紹介され、アニメではカルヴァドスの蒸留所を見学しています。ワインだけではない多彩なお酒文化がフランスにはあります。


- ノルマンディー地方までの列車旅
- ルーアンの歴史地区
- モン・サン・ミッシェル湾
- ペイ・ドージュ


■ロワール地方


ロワールの魅力は定番の古城巡りや庭園、ワイナリーとブドウ畑です。アニメ内ではロワール地方の3つの城を紹介。シュノンソー城のアーチ橋をカヌーでくぐる水上ピクニック、自転車でめぐるロワール散策など、定番スポットを少しひねった角度から紹介しています。そして幾何学模様が広がるフランス式庭園はヴィランドリー城のもの。この庭園は農薬や化学肥料を一切使わず、庭師によって丹精込めて作られています。


8684.jpg

▲シュノンソー城でのカヌー


8685.jpg

▲ヴィランドリー城と庭園


- ロワール川サイクリング「ロワール・ア・ヴェロ」
- アンボワーズ城
- シュノンソー城
- ヴィランドリー城と庭園


■パリ


パリでは、フランスに行ったことがある人なら定番のチュイルリー公園、モントルグイユ通りの商店街、エッフェル塔などが登場します。ポストコロナでぜひ訪れたい、ピノー・コレクションを収めた現代アートの美術館ブルス・ド・コメルスや、パリでもっとも活気ある地区と言っても過言ではないラ・ヴィレット、同地区に建つジャン・ヌーヴェル設計のフィルハーモニー・ド・パリが登場します。ナイトライフは、セーヌ川に浮かぶバーになっている遊覧船ロザ・ボヌールも出てきます。そしてショッピングは、長い年月をかけて改装された今もっとも注目度が高い百貨店サマリテーヌです。


8688.jpg

▲フィルハーモニー・ド・パリ


8687.jpg

▲サマリテーヌのポン・ヌフ館


- チュイルリー公園
- ヴィレット公園とフィルハーモニー・ド・パリ
- モントルグイユ通り
- ブルス・ド・コメルス
- セーヌ河岸(セーヌ川に係留されている遊覧船、ロザ・ボヌール)
- サマリテーヌ


旅行は誰と行くのか、いつ行くのか、どこに行くのかで、同じ場所でも景色がいろいろと変わります。アニメを見ながら、近い将来のフランス旅行計画に思いを馳せてみるのも良いかもしれませんね。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@shuzuiyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

守隨 亨延

フランス・パリ特派員の守隨 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:守隨 亨延

守隨 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランス観光をアニメでPR、フランス開発機構が映像で描くポストコロナの見どころ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について