トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > EU域外からフランス入国する外国人向けの衛生パスの申請方法が変更に【2021年11月5日〜】

フランスフランス/パリ特派員ブログ

EU域外からフランス入国する外国人向けの衛生パスの申請方法が変更に【2021年11月5日〜】

カテゴリー:お知らせ / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 治安・渡航安全情報 / 見所・観光・定番スポット / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2021年11月10日

8281.jpg


EU域外からフランスへ渡航する人向けの衛生パスの一部申請方法が、2021年11月5日より変更になりました(以前の申請方法は「フランス入国する外国人旅行者向け衛生(ワクチン)パス申請方法まとめ【2021年8月27日~】 」)。


日本ですでに2回の新型コロナウイルスのワクチン接種を行なっている場合、以前は必要書類を揃えてオンラインから申請を行なっていましたが、留学生以外の外国人の場合、現在はフランス国内の薬局が、その申請業務を代行するようになりました。変更点をまとめます。

薬局で申請できるのは留学生以外


新型コロナワクチン接種を規定回終えることでもらえる衛生パスの申請方法は、フランスでの滞在身分によって変わります。留学生の場合は依然オンラインで直接申請しますが、それ以外の人は、フランス国内の薬局が申請業務を行うようになりました。


指定の薬局で、パスポートとワクチン接種証明書の紙の原本を提示し、衛生パスを取得します。原本には姓、名、生年月日、ワクチン接種日、使用したワクチン、ロット番号(可能であれば)、注射回数、ワクチン接種国が含まれている必要があります。費用は€36(税込)です。


薬局の一覧はフランス外務省のウェブサイト に掲載されています。


申請対象となるワクチンと回数および経過時間


フランスにて衛生パスを申請するには、ヨーロッパ医薬品庁により承認されたワクチン、または同等のワクチンを接種済みで、定められた期間が経過した人に限られます。具体的には以下のいずれかです。


- 1回接種型ワクチン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)の接種後4週間以上
- 2回接種型ワクチン(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)の2回目接種後7日以上
- 新型コロナウイルス感染症回復者で接種後7日以上(この場合、必要な接種回数は1回のみ)
- WHO緊急使用リストに掲載されたワクチン(シノバック/コロナバック、シノファーム/BBIB-PVeroCells)を2回接種後、mRNAワクチン(モデルナまたはファイザー)1回の追加接種後7日以上


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@shuzuiyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

守隨 亨延

フランス・パリ特派員の守隨 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:守隨 亨延

守隨 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > EU域外からフランス入国する外国人向けの衛生パスの申請方法が変更に【2021年11月5日〜】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について