トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリ含む首都圏などでショッピングモール入場の衛生パス提示が不要に【2021年9月8日〜】

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリ含む首都圏などでショッピングモール入場の衛生パス提示が不要に【2021年9月8日〜】

カテゴリー:お知らせ / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年9月 9日

8161.jpg


実施当日に地球の歩き方フランス・パリ特派員のTwitterアカウント でもお知らせしましたが、2021年9月8日よりパリおよびその近郊を含むフランス国内のいくつかの地域では、デパートなど大規模商業施設へ入場する際の衛生パスの提示が必要なくなっています。


理由は、2万平方メートル以上の床面積を持つショッピングモールへ入場する際に義務付けられていた衛生パスの提示を、10万人あたりの新型コロナ新規感染者が7日間連続して200人未満となった地域では不要とする、という政府の決定によるものです。今回の制限緩和について、まとめました。


なお衛生パスについての説明は「新型コロナ衛生パスポートの使い方まとめ、飲食店や商業施設での確認が順次開始 」をご参照ください。

8131.jpg


今回、制限が解除されるのは以下の地域です。それまで対象となっていたフランス国内178ヵ所の対象ショッピングモールのうち、64ヵ所への制限が緩和されました。


- パリ含むイル・ド・フランス地域圏の全県(セーヌ・サン・ドニは除く)
- ヌーヴェル・アキテーヌ地域圏の4県(シャラント・マリティム、ジロンド、ランド、ピレネー・アトランティック)
- オクシタニー地域圏の3県(オート・ガロンヌ、オート・ピレネー、ピレネー・オリアンタル)
- オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ地域圏の3県(イゼール、ロワール、オート・サヴォワ)
- バ・ラン県


この制限緩和は、ほかの地域においても今後同じ条件(7日間連続して10万人あたりの新規感染者が200人未満になる)が満たされれば、順次適用されていきます。


なお、条件が満たされた場合のショッピングモールの入場に際しては衛生パスの提示は不要になりますが、館内に併設された飲食スペースでは、引き続き衛生パスの提示が必要です。


参照:フランス政府


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@shuzuiyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

守隨 亨延

フランス・パリ特派員の守隨 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:守隨 亨延

守隨 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリ含む首都圏などでショッピングモール入場の衛生パス提示が不要に【2021年9月8日〜】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について