トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランスのテラス営業再開には最高級ホテル「ブリストル」でカクテルを、3つ星シェフのタパスを空の下で

フランスフランス/パリ特派員ブログ

フランスのテラス営業再開には最高級ホテル「ブリストル」でカクテルを、3つ星シェフのタパスを空の下で

カテゴリー:お知らせ / レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年5月18日

7901.jpg


2021年5月19日の飲食店におけるテラス席再開の制限緩和を受けて、パリでも前向きなニュースが続々と届いています。フランス国内で最高ランクにカテゴライズされるホテルの称号である「パラス」。そのうちのひとつ「ル・ブリストル・パリ」でも、テラス席がオープンします。

7902.jpg


まず開放されるのが、ル・ブリストル・パリの「ル・ジャルダン・フランセ」。パリのパラスでもっとも大きな広さを持つ中庭にあるレストランです。青空の下で流れる雲を眺めながら、ピスタチオをまぶしたパリブレストに特級の紅茶を添えてみてはどうでしょうか。外の喧騒とは離れた静かなパリが広がっています。


7903.jpg


バーはもうしばらく先の再開になりそうですが、夕方になると移動式のカクテルバーが、テラスでバーテンダーとともにカクテルの時間を演出します。DJが音楽を選曲し、ミシュラン3つ星シェフであるエリック・フレション氏によるタパスがテーブルへ。同氏によるロブスターロールを食べながら、または天ぷら風のエビ料理を堪能しながら、長く明るい夏の夕方を楽しめます。


7904.jpg


ル・ブリストル・パリが建つフォーブル・サン・トノレ通りは大統領府であるエリゼ宮や内務省、各国大使館などが建つ官庁街であり高級住宅地。シャンゼリゼ通りからも近いです。レストランの全面再開を待ちわびつつ、ひとまずはテラスで夏の特別な時間を堪能してはいかがでしょうか。


Le Bristol Paris (ル・ブリストル・パリ)
・住所: 112 Rue du Faubourg Saint-Honoré 75008 Paris


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@shuzuiyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

守隨 亨延

フランス・パリ特派員の守隨 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:守隨 亨延

守隨 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランスのテラス営業再開には最高級ホテル「ブリストル」でカクテルを、3つ星シェフのタパスを空の下で

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について