トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 制限緩和でパリは町なかに人があふれる、フランスの外出制限は依然実施中【コロナ禍の年末】

フランスフランス/パリ特派員ブログ

制限緩和でパリは町なかに人があふれる、フランスの外出制限は依然実施中【コロナ禍の年末】

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 文化・芸術・美術 / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年11月29日

7331.jpg


2020年11月28日より、フランスは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため厳しくしていた制限の一部を緩和しました。具体的には、今まで生活必需品の項目から除外されていた分野の商店再開や、外出用件を緩くしたのですが(詳細は過去記事「フランスが段階的にロックダウンを緩和、新型コロナ制限措置まとめ 」を参照)、それにより緩和直後の町なかは多くの人であふれました。

7332.jpg


商店の営業緩和でにぎわいを取り戻したデパート


例年であればこの時期は、家族や親戚が集まるクリスマスに合わせて、そのプレゼント探しに多くの人が駆け回っている時期です。その年末商戦も、今年はコロナ禍で多くの商店が閉まっていたため、鳴りを潜めていました。その雰囲気も、制限緩和の初日が土曜であったことも重なって、多くの人が外へ出かけました。


いままで閉まっていたお店のひとつが百貨店です。ギャラリー・ラファイエットとプランタンという、パリの2大デパートが連なるパリ市内のオスマン通りは、買い物客でごった返しました。押し寄せた買い物客と、新型コロナ対策のための入店制限もあり、店舗によっては入店の列ができる盛況さです。


▲ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店の前で列を作る買い物客


先日、11月22日にイルミネーションが点灯したばかりのシャンゼリゼ大通りも、一部でにぎわいが戻りました。ルイ・ヴィトン本店前は列ができ、多くの人が制限緩和をきっかけに、出かけている様子が見て取れます。


▲11月28日夜のシャンゼリゼ大通りの様子


新治安法での警察官に対する抗議デモ


11月28日は、新しい治安法案に反対する大きなデモが、パリ市内の共和国広場を中心に行われました。黒人音楽プロデューサーのミシェル・ゼクレーさんが、複数の警官に暴行を受けたことが発端です。


暴行の様子を映した映像をニュースサイト「ループサイダー」が公開。警察組織内で人種差別が行われているのではないかという不安が、人々の間で増大したためです。


また少し前には、フランスの国会である国民議会で、警察官の顔を公開することを規制する治安法案が可決。次は上院での採決が予定されていますが、その法案には、勤務中の警官の画像を「本人の心身」を傷つける目的で拡散することを禁止する内容が含まれています。


そのため法律が施行されると、これら人種差別が明るみに出なくなるのではないかという危惧が起きています。


フランス内務省によると、11月28日の参加者はパリ市内で約4万6000人、フランス全国で約13万3000人まで膨れ上がりました(デモ主催者側はパリ市内を20万人、全国で約50万人と発表しています)。


▲共和国広場から流れてきた人々で混み合うバスティーユ広場


多くの人はマナーを遵守しデモを行っている一方で、デモに乗じて店舗の破壊や略奪行為を行う一部集団が、今回も問題になっています。


▲フランスのニュースチャンネル「フランス24」が報じた11月28日のデモの様子


コロナ禍ということもあり、まだ日本から観光客が一般的に来られる状況ではありませんが、仮にデモに遭遇しても興味本位で近づかず、別の経路を取るなど離れるようにしてください。危険回避の方法は、過去記事「パリ観光のデモ対策 現地での予防と遭遇したら取るべき方法 」を参照にしてみてください。


7333.jpg


2019年の黄色いベスト運動、同年末から2020年にかけての公共交通機関の大規模ストライキ、そして今回のコロナ禍と、フランス社会そして、世界中でのうねりは今後も続いていきそうです。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 制限緩和でパリは町なかに人があふれる、フランスの外出制限は依然実施中【コロナ禍の年末】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について