トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > ノートルダム大聖堂前の遺跡「クリプト」がリニューアル、パリとシテ島の歴史を地下で探索

フランスフランス/パリ特派員ブログ

ノートルダム大聖堂前の遺跡「クリプト」がリニューアル、パリとシテ島の歴史を地下で探索

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年9月13日

7301.jpg


パリの人気スポットであるノートルダム大聖堂。セーヌ川の中洲シテ島に建つフランスのシンボルです。火災の修復工事で現在は堂内に入ることはできませんが、大聖堂が立つ広場にある遺跡スポット「クリプト」は見学できます。クリプトとは広場の地下に広がる遺跡で、ここでは古代から中世そして20世紀までのシテ島と、パリの歴史を知ることができます。


クリプトは1965年〜1972年の発掘で発見され、1980年に整備されました。シテ島における都市と建築の発展の変遷を、遺構の周辺を歩きながら時間旅行できる場所であり、2000年以上にわたり変化し続けてきた、各時代における都市の歴史の重なりが、ここに残ります。そのクリプトが、2020年9月9日にリニューアルオープンし、特別展「ノートルダム・ド・パリ ビクトル・ユゴーからウジェーヌ・ヴィオレ・ル・デュク」が始まったので、行ってきました。

7302.jpg


特別展「ノートルダム・ド・パリ」


クリプト内では、シテ島およびパリの成り立ちを解説するとともに、ビクトル・ユゴーとウジェーヌ・ヴィオレ・ル・デュクというノートルダム大聖堂に関係する人物に、よりフォーカスした展示が加わっています。ユゴーは小説家、そしてヴィオレ・ル・デュクは建築家、この両者の共通点は「ノートルダム大聖堂の修復」です。


7303.jpg

▲ユゴーの似顔絵(右)


フランス革命などを経た当時のノートルダム大聖堂は荒廃しており、大聖堂を復興しようという動きがありました。危機を訴えたユゴーは小説『ノートルダム・ド・パリ』を著し、大聖堂は再び注目を集めることとなりました。そして国による修復決定に寄与したのです。


ヴィオレ・ル・デュクは、その修復計画のコンペに採用された建築家です。ヴィオレ・ル・デュクの計画案により大聖堂に、2019年に焼け落ちた尖塔が建てられました。


シテ島とパリの歴史


7304.jpg


パリの歴史はシテ島から始まっています。つまりシテ島の歴史は、パリそのものの歴史であると言えます。そこで、ここで少しだけシテ島について、クリプトのウェブサイトを参考に加えつつ、説明をしたいと思います。


パリは、ガロ・ロマン期にルテチアと呼ばれ、元はシテ島に古代ケルト人の一部族であるパリジイ人が住んでいました。そのあとカエサル率いるローマ軍に征服されパリは植民都市へ。またゲルマン人の進攻に防衛するため、シテ島はローマ人により戦略的な場所として要塞化されていきました。


5世紀末には、ルテチアと呼ばれていた町の名前がパリに。そしてフランク王国の首都となり、また987年にユーグ・カペーがカペー朝を興すとフランス王国の首都になり、現在へつながっています。


7305.jpg

▲ジオラマで作られたクリプト全体図


中世になると、1163年に建設が開始されたノートルダム大聖堂を中心に、シテ島はさらに発展しました。新しい通りである、ヌーヴ・ノートルダム通りが大聖堂前から伸び、大聖堂広場の南に病院・オテルデューの再建や、その他建物・教会の建設が進みました。


7306.jpg


18世紀になると、交通の便とシテ島の衛生状態を改善するために、中世に建てられた多くの建築物が破壊されました。広場は拡張され、ヌーヴノートルダム通りも広がりました。そして19世紀、パリ県知事オスマンにより大規模な都市再開発「パリ改造」が出されると、多くの古い建物や通りが壊されました。この時期に、大聖堂前広場の横にある現在のオテルデューや兵舎(いまのパリ警視庁)は建てられています。


ノートルダム大聖堂前の広場は広い正方形をしていますが、これら歴史の変遷を経て現在に至っているのです。


クリプトの予約と入場方法


7307.jpg


予約は公式ウェブサイトのリンクからオンラインでできます。11歳以上は、マスク着用の義務があります。


Crypte archéologique(クリプト)
・住所: 7 place Jean-Paul II Parvis Notre-Dame 75004 Paris
・営業時間: 10:00〜18:00
・休日: 月曜、1月1日、5月1日
・料金: €9


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > ノートルダム大聖堂前の遺跡「クリプト」がリニューアル、パリとシテ島の歴史を地下で探索

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について