トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリ屋外でのマスク着用義務エリアが大幅拡大 2020年8月15日から【ウィズコロナ】

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリ屋外でのマスク着用義務エリアが大幅拡大 2020年8月15日から【ウィズコロナ】

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年8月15日

7241.jpg


新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年8月10日よりパリ市内の屋外一部公共空間で、11歳以上のマスク着用が義務化されました(過去記事「屋外でのマスク着用義務化 パリ市内の一部公共空間で2020年8月10日から【ウィズコロナ】 」)。そして同8月15日朝8時から、その区域がさらに拡大されます。


今まではおもに道路を指定して場所が定められていましたが、今後は区域を指定して着用場所が追加。線から面での制限に変わります。違反者には€135の罰金が科されます。

7242.jpg

▲マスク着用義務化のエリア(パリ警視庁のウェブサイトより)


マスク着用が義務化されるパリ市内のエリア


対象となる地区はパリ警視庁のウェブサイト に記載。右岸1〜4区や、シテ島およびサン・ルイ島、セーヌ川に近いカルチェ・ラタンやサン・ジェルマン・デ・プレ地区、プラス・モンジュ周辺、エッフェル塔を中心にシャン・ド・マルス公園やトロカデロ周辺、モンマルトル、モンパルナス駅やリヨン駅、サン・ラザール駅、北駅、東駅周辺など。観光スポットや人が集まりやすい地区を中心に指定されています。


なお、状況によって規制エリアは今度変更される可能性があります。


7243.jpg


パリを中心としたイル・ド・フランス地域圏、およびマルセイユを中心としたブーシュ・デュ・ローヌ県は、フランスの他の地域と比べて新型コロナウイルスの陽性率が高いです。パリも日によっては残暑が続いています。体調管理にはくれぐれも気をつけつつ、感染拡大を防ぎたいですね。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリ屋外でのマスク着用義務エリアが大幅拡大 2020年8月15日から【ウィズコロナ】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について