トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランスでのマスク着用義務と場所一覧 違反は€135

フランスフランス/パリ特派員ブログ

フランスでのマスク着用義務と場所一覧 違反は€135

カテゴリー:お知らせ / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年7月29日

7102.jpeg

©︎iStock


2020年7月20日から、レストランや文化施設など閉鎖された公共空間でのマスク着用が義務化されています。違反すると€135の罰金が科されます。フランス政府の発表を受けて在フランス日本国大使館 が注意喚起していますので、同館が在留届および「たびレジ」登録者向けに送った内容を紹介します。

マスクの着用が義務づけられている場所


フランス政府政令 によると、以下の場所が該当します。


- コンサート会場、講演会場、集会場、劇場、または、劇場と映画館を含む多目的な役割を果たす施設
- レストラン、カフェ・バーなどの飲食店
- ホテル、民宿
- 遊技場
- 保育施設、学校、研修施設、(休暇中に子供を預かる)キャンプ場、宿泊なしの学童施設
- 公共図書館、学校図書館
- 礼拝施設(教会、モスク、シナゴーグなど)
- 屋内のスポーツ施設
- 美術館、博物館
- 屋外施設(公園、庭園など)
- テントや屋外ステージなど一時的に建設された興業施設(サーカス、ロックフェスティバルなど)
- 駅(バス停、フェリーターミナル、空港を含む)
- 山岳地帯のホテル・レストラン
- 水上施設
- 山岳地帯のロッジ
- 商業施設、ショッピングセンター
- 行政施設、銀行
- 屋内マルシェ


なお一部の都市では、上記以外の場所でも独自にマスク着用を義務づけています。独自対応を行っている都市を確認できるウェブサイト も併せてご参照ください。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランスでのマスク着用義務と場所一覧 違反は€135

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について