トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 6月15日より欧州域内の移動制限解除、7月1日からは域外を段階的に【新型コロナのフランス出入国まとめ】

フランスフランス/パリ特派員ブログ

6月15日より欧州域内の移動制限解除、7月1日からは域外を段階的に【新型コロナのフランス出入国まとめ】

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 / 見所・観光・定番スポット / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2020年6月14日

7091.jpeg


フランスのルドリアン外相とカスタネール内相は連名でコミュニケ を行い、2020年6月15日以降および7月1日以降のヨーロッパ域内外の移動制限について、概要を出しました。6月15日以降は、ヨーロッパ域内国境における移動制限が、陸・空・海のすべてにおいて解除されます。また7月1日以降は、シェンゲン協定域外との国境の段階的な開放が行われます。


なお、6月15日以前の概要については「フランスへのEU圏外および圏内からの入国まとめ【新型コロナ制限緩和:6月15日以前】 」にまとめてありますので、こちらをご参照ください。

7092.jpeg


ヨーロッパ域内の移動制限解除について


6月15日以降、ヨーロッパ(EU加盟国およびアンドラ、アイスランド、リヒテンシュタイン、モナコ、ノルウェー、サンマリノ、スイス、バチカン)からフランスへ渡航する人々は、新型コロナウイルス対策による国境間の移動制限が実施される前の2020年3月18日以前と同じように、いかなる制限も受けずにフランスの領土に入国可能です。


ただし、スペインとイギリスとフランスの国境では制限が継続します。


■スペインとフランス間
スペインは新型コロナウイルス関連の移動制限およびヨーロッパから空路で入国する者に対して14日間の隔離を6月21日まで維持することを決定しています。そのため相互主義(相手国の自国に対する待遇と同様の待遇を相手国に対して付与しようとする考え方)に基づき、フランスは現在実施中の制限を6月21日まで維持します。同日まで、スペインからの入国者は、フランス到着後14日間の隔離が要請されます。


■イギリスとフランス間
イギリスは6月8日に、フランスからの入国者に対して14日間の隔離義務を実施しています。6月15日以降、イギリスからの入国者は新型コロナウイルス対策に関連した入国制限の対象にはなりませんが、相互主義に基づき、新たな決定がなされるまで到着後の14日間の隔離が要請されます。


シェンゲン協定域外との国境開放について


7093.jpeg


6月11日に出された欧州委員会の勧告と、フランスの提案に着想を得て、フランスは7月1日以降は、シェンゲン協定域外との国境の段階的な開放を行います。この開放は、第三国の感染状況に応じて、またその実施前までに欧州レベルで確定される各国間の取り決めにしたがって、段階的かつ差異のある方法で行われます。


大学の魅力という点を考慮し、留学生はその出身国にかかわらず渡仏を許可され、受け入れ様式は簡素化されます。留学生の査証申請と滞在許可証の申請は優先的に扱われます。


日本とフランスおよび近隣諸国をつなぐフライト情報


7094.jpeg


- JAL(日本航空):羽田・パリ便
2020年7月1日から週2便で運行再開。詳細はJALの運行情報 を参照。


- ANA(全日空):羽田・パリ便
現時点では2020年7月31日まで運休。詳細はANAの運行情報 を参照。


- エールフランス:成田・パリ便
減便だが運行あり。関西・パリ便は7月から再開予定。詳細はエールフランスの運行情報 を参照。


- フィンエアー:成田/名古屋/関西・ヘルシンキ便
成田は2020年7月1日から週3便で運行再開。名古屋・関西は9月より運行再開。福岡・新千歳は当面運休。詳細はフィンエアーの運行状況 を参照。


***


今後新たな発表があり次第追記します。


参照:在フランス日本国大使館フランス外務省 /Photos:©︎iStock/更新記録:2020/6/14、15


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 6月15日より欧州域内の移動制限解除、7月1日からは域外を段階的に【新型コロナのフランス出入国まとめ】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について