トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 2020年カンヌ国際映画祭「オフィシャル・セレクション」に日本から3作品

フランスフランス/パリ特派員ブログ

2020年カンヌ国際映画祭「オフィシャル・セレクション」に日本から3作品

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2020年6月 4日

7051.jpg


カンヌ国際映画祭が、2020年6月3日、オフィシャル・セレクションの発表を行いました。例年であれば「コンペティション」「ある視点」「短編」といった部門に分かれて発表されますが、今年は新型コロナウイルスの影響でカンヌでの開催は断念。「オフィシャル・セレクション2020」として56本が選ばれました。


また最高賞である「パルムドール」の選出は見送られました。同賞の見送りが行われたのは、1968年にフランスで起きた大規模デモ「五月革命」以来です。

7052.jpg

▲過去の映画祭の様子


日本からは、オフィシャル・セレクション2020に河瀬直美監督『朝が来る 』、深田晃司監督『本気のしるし 劇場版 』、宮崎吾朗監督『アーヤと魔女 』の3作品が入選しました。


詳しくは、映画祭がウェブサイトで発表しているお知らせ「The films of the Official Selection 2020 」、もしくは日本の大手マスコミの方々も報じられているため、そちらを参考にしていただければと思うのですが、2020年の今年は審査や受賞は行わず、オフィシャル・セレクションには「カンヌ2020」のラベルを付与。上映は、今後開かれる各国の映画祭などになる予定です。



7053.jpg


仕方ないとはいえ、いつもどおりの開催ができなかったのは本当に残念......。来年は無事開催されますように。再び来年は、昨年までのように現地から様子をお伝えしたいと思います。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 2020年カンヌ国際映画祭「オフィシャル・セレクション」に日本から3作品

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について