トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリのテラスで楽しむ生ハムとお酒 「Bellota-Bellota」で楽しむスペイン風アペロ

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリのテラスで楽しむ生ハムとお酒 「Bellota-Bellota」で楽しむスペイン風アペロ

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年6月 9日

7041.jpeg

▲サン・ジェルマン店のテラス席


テラスでの飲食がおいしい季節になりました。外で食べると、同じものでも魅力が数割増しになりますよね。


生ハム専門店「Bellota-Bellota」(ベジョータ・ベジョータ)も、フランス国内で制限解除が進んだ2020年6月2日から、テラスで営業を開始しています。同店は、タパスなどを楽しめるスペイン・バル風のお店です。

7042.jpeg

▲エッフェル塔店のテラス席


パリ市内に3店舗を展開する同店では、タパスのほかにシャルキュトリ(ハムやソーセージなど食肉加工品の盛り合わせ)、イベリコ豚の生ハムなど、定番メニューに加えて、今の季節に合わせてサングリア、セシーナ、ガスパッチョ、チョリソーのグリルなど、テラスにぴったりのメニューがそろっています。


7043.jpeg

▲チョリソーのグリル


今シーズンの新商品として、サングリアは「ロレア No.1」が入荷。赤ワインから造られた微発泡のお酒で、夏にぴったりです。冷えたグラスは夏に合いますね! セシーナは、乾燥熟成させたスペインの生ハム。ガスパチョは夏にぴったりなトマトをベースにした冷製スープ。チョリソーのグリルは、酒の肴としてついつい進んでしまいます。


7044.jpeg

▲ガスパチョ


メニューは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、このとおり(以下の画像)QRコードをスマホで読み取れば表示される仕組みに。


7045.jpeg

▲シャンゼリゼ店のテラス席


新型コロナウイルスの影響で家に籠もっていたら、春からあっという間に夏になり、そして秋が来そうです。感覚的に2020年はいつもと違うペースで季節が進んでいきますが、制限のあるなかでも少しは季節を楽しみたいですね!


Bellota-Bellota(ベジョータ・ベジョータ)
・住所(エッフェル塔店): 18 rue Jean Nicot 75007 Paris
・住所(シャンゼリゼ店): 11 rue Clément Marot 75008 Paris
・住所(サン・ジェルマン店): 64 rue de Seine 75006 Paris


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリのテラスで楽しむ生ハムとお酒 「Bellota-Bellota」で楽しむスペイン風アペロ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について