トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランスの新型コロナウイルス制限緩和"第2フェーズ"まとめ【2020年6月2日以降】

フランスフランス/パリ特派員ブログ

フランスの新型コロナウイルス制限緩和"第2フェーズ"まとめ【2020年6月2日以降】

カテゴリー:お知らせ / ショッピング・雑貨・お土産 / スポーツ・観戦 / レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 夜遊び・クラブ・お酒 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2020年6月21日

7011.jpg


新型コロナウイルス(COVID-19:SARS-CoV-2)感染防止の制限緩和について、6月2日以降の段階以降について、フィリップ首相や関連閣僚から具体的な方策が示されました。それら「第2フェーズ」の内容と、美術館など観光スポットの再開スケジュールをまとめました。


なお、それ以前の制限緩和内容については「フランスの新型コロナウイルス外出制限の緩和措置まとめ【2020年5月11日以降】 」をご参照ください。

7012.jpg


フランス全土は赤ゾーン緑ゾーンのふたつに分けられ、各ゾーンで異なった制限緩和が行われます。ゾーン分けは「ウイルスの流行」「病院の受け入れ能力」「PCR検査の能力」という基準で決められています。


5月28日では、フランス国内の大部分が緑ゾーンになりました(パリ含むイル・ド・フランス地域圏はオレンジです)。また6月14日のマクロン大統領の演説では、パリ含むイル・ド・フランス地域圏も緑に変わりました(演説内容については「2020年6月15日からパリでカフェやレストランが全面再開 フランスの今後の経済活動について 」を参照)。


7013.jpeg

▲フランス国内の色分け(フランス政府Twitter より)


国境封鎖と入国について


フランス国境は、国境労働者等の例外を除いて6月15日以前までは閉鎖です。ヨーロッパ内の地域との国境に関しては、6月15日以降の開放で欧州レベルで調整。フランス国内に入る者は国籍問わず、別途定める感染流行地域からの入国の場合は、原則14日間の隔離を実施。現時点では、ヨーロッパ内からの入国者は隔離の対象外です。


過去の出入国の状況については「フランスへのEU圏外および圏内からの入国まとめ【新型コロナ制限緩和:6月15日以前】 」に、詳しくまとめています。


■6月15日以降追記:


6月14日にマクロン大統領は演説を行い、6月15日からヨーロッパ内で移動が可能になります。欧州外については、7月1日から新型コロナ感染症がコントロールされている国々への移動が可能となります。またこれに先立ち、ルドリアン外相とカスタネール内相は連名で、6月12日にコミュニケを発表しました。詳細は「6月15日より欧州域内の移動制限解除、7月1日からは域外を段階的に【新型コロナのフランス出入国まとめ】 」をご参照ください。


フランス国内における移動制限について


6月2日以降は、自宅から100km以内の制限が廃止されます。


パリ市内の公共交通機関について


イル・ド・フランス地域圏では、ピーク時(6:30〜9:00および16:00〜19:00)は、仕事とやむを得ない理由以外の、公共交通機関の利用は許可されておらず、利用には証明書の携行が必要です(詳しくは「フランスの新型コロナウイルス外出制限の緩和措置まとめ【2020年5月11日以降】 」を参照)。この措置は6月15日まで継続されます。


6月22日より、パリ交通公団(RATP)の全駅が再開します。地下鉄、RER、バス、トラムは通常運行に戻ります。


文化、スポーツ、宗教および各所再開予定日について


6月2日以降は、博物館、歴史的建造物などの営業が全土で再開されます。また緑ゾーンでプール、ジム、レジャーパーク、劇場の営業を再開、オレンジゾーンでは6月22日以降に再開となります。フランス全土で5月30日から公園が、6月2日からビーチが開放されます。


映画館は全土で6月22日以降に再開。少なくとも6月21日まで、公共の場での10人以上の集会、集団スポーツは禁止。ディスコ、スタジアム、競馬場は閉鎖です。野外での人数は5000人以下の制限になります。


■美術館・博物館
アトリエ・ルノー :5月25日
ジャックマール・アンドレ美術館 :5月26日
アトリエ・デ・ルミエール :5月26日
モンマルトル美術館 :5月30日
マルモッタン・モネ美術館 :6月2日
造幣局 :6月2日
パリ植物園 :6月5日
ユダヤ芸術歴史博物館 :6月6日
グランド・アルシュ :6月8日
モネの家と庭園 :6月8日
アール・サン・ピエール美術館 :6月8日
ケ・ブランリー・ジャック・シラク美術館 :6月9日
ダリ・パリ :6月10日
マイヨール美術館 :6月10日
エトワール凱旋門 :6月15日
装飾芸術美術館 :6月15日
ブールデル美術館 :6月16日
パリ解放美術館 :6月16日
プティ・パレ(パリ市立美術館) :6月16日
バルザック記念館 :6月16日
チェルヌスキ美術館 :6月16日
カタコンブ :6月16日
国立移民史博物館 :6月16日
パリ市立ロマン主義博物館 :6月16日
カルティエ現代美術財団 :6月16日
ニッシム・ド・カモンド美術館 :6月17日
建築・文化財博物館 :6月17日
ヨーロッパ写真美術館 :6月17日
グレヴァンろう人形館 :6月18日
ギュスターヴ・モロー美術館 :6月第3週目
クリュニー美術館 :6月第3週目
セーヴル陶器博物館 :6月第3週目
オランジュリー美術館 :6月22日
ドラクロワ美術館 :6月22日
オルセー美術館 :6月23日
発見の殿堂 :6月23日
人類博物館 :6月24日
進化大陳列室 :6月24日
エッフェル塔 :6月25日
軍事博物館 :6月27日
科学産業シティ :6月27日
国立考古学博物館(サン・ジェルマン・アン・レー城) :6月第4週目
ポンピドゥー・センター (国立近代美術館):7月1日
グラン・パレ国立ギャラリー :7月1日
ルーヴル美術館 :7月6日
ロダン美術館 :7月7日
市立近代美術館 :7月7日
コニャック・ジェ美術館 :7月7日
ギメ美術館 :7月8日
シネマテーク・フランセーズ :7月8日
ピカソ美術館 :7月末


■城・宮殿
シャンテイィ城 :5月21日
フォンテーヌブロー城 :6月2日
ヴェルサイユ宮殿 :6月6日
ヴォー・ル・ヴィコント城 :6月13日


*上記はすべて2020年


商業施設の再開について


緑ゾーンにおいては、6月2日からカフェ、レストラン、バーが再開。オレンジゾーンではテラスのみで営業が可能。バーについては立ち飲みは禁止です。


■6月15日以降追記:


今までテラス営業のみ許可されていたパリを含むイル・ド・フランス地域圏のカフェやレストランは、同15日からは通常営業が再開されます。ただしフランス国内においては、マイヨット島とギアナは引き続き制限が続きます。「2020年6月15日からパリでカフェやレストランが全面再開 フランスの今後の経済活動について 」も参照。


学校の再開について


6月2日以降は、全土ですべての小学校が再開します。ただし、1クラスあたり15人が最大。中学校は、すでに95.5%が再開しており、6月2日以降は全土ですべての中学校が再開。高校については、緑ゾーンでは総合高校、工業高校、職業高校について一部再開し、オレンジゾーンでは、証明書が必要な学生のため職業高校を優先的に再開。バカロレアの口頭試験は中止。


■6月15日以降追記:


6月15日からは、海外領土を含めたフランス全領土において、保育園、小学校、中学校は、全生徒を6月22日から受け入れるように準備を行います。


***


更新記録:2020/5/29、6/4、10、11、16、21


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランスの新型コロナウイルス制限緩和"第2フェーズ"まとめ【2020年6月2日以降】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について