トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリとその近郊で探すルイ14世の足跡 中央集権からユグノー弾圧まで

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリとその近郊で探すルイ14世の足跡 中央集権からユグノー弾圧まで

カテゴリー:お知らせ / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年5月17日

6961.jpg


ここ数日、日本で「ルイ14世」という単語をよく聞きますので、ルイ14世にちなんだパリと、その近郊のスポットをご紹介します。ルイ14世(1643-1715)というのは、ブルボン朝の最盛期を築き「太陽王」と呼ばれたフランス国王です。


ちなみに少し前に、同じく「ルイ16世」と騒がれた時にまとめたルイ16世関連スポットは「パリで探すルイ16世の足跡 フランス革命から断頭台に登るまで 」にあります。

サン・ジェルマン・アン・レー城


6962.jpeg

▲サン・ジェルマン・アン・レー城 ©︎ iStock


ルイ14世の生まれはパリではなく、パリの西郊外にあるサン・ジェルマン・アン・レーです。ルイ14世は、ここで幼少期を過ごし、フランス国王として親政を開始してからも、たびたびサン・ジェルマン・アン・レーで暮らしています。


現在、サン・ジェルマン・アン・レー城は国立考古学博物館となっています。サン・ジェルマン・アン・レーの駅前にあり、RER A線を使ってパリからのアクセスも便利です。


・住所: Place Charles de Gaulle 78100 Saint-Germain-en-Laye
・URL: https://musee-archeologienationale.fr/


パリ高等法院


6963.jpeg

▲パレ・ド・ジュスティス ©︎ iStock


政府の重税などをきっかけに始まり、長く続いたフロンドの乱が収まった後、ルイ14世がパリ高等法院にて、法服貴族に対し言ったというセリフが「朕は国家なり」(L'État, c'est moi)です。「私は国家そのものである」という意味で、17世紀フランスの絶対主義を象徴する言葉として知られています。パリ高等法院の場所はシテ島にあり、現在はパレ・ド・ジュスティス(パリ司法宮)があります。


パレ・ド・ジュスティスの敷地内には、ステンドグラスで有名なサント・シャペルもあります。


・住所: 10 Boulevard du Palais 75001 Paris
・URL: http://www.sainte-chapelle.fr/


ヴェルサイユ宮殿


6965.jpeg

▲ヴェルサイユ宮殿 ©︎ iStock


ルイ14世を象徴する建物がヴェルサイユ宮殿です。ルイ13世の頃からあった小さな館を大規模に増改築していき、広大な宮殿が造られました。また、国王の権限は神から与えられたもので、国民はこれに従わなければならないとする王権神授説の考え方のもと、ルイ14世の治世は絶頂期となり「太陽王」と呼ばれました。


なお、ルイ14世はグレート・ピレニーズやパピヨンという犬種を愛でたそうです。


・住所: Place d'Armes 78000 Versailles
・URL: http://www.chateauversailles.fr/


アンヴァリッド


6964.jpeg

▲アンヴァリッド © Paris Tourist Office - Photographe : © Sarah Sergent


戦傷により生活能力を失った軍人を収容した施設で、ルイ14世によって建てられました。後世には、国王ルイ・フィリップにより、ドーム教会に地下墓所が設けられ、ナポレオンの柩が安置されています。ナポレオンの他にも、ナポレオンの親族やフランスの有名な将軍の廟があります。


・住所: 29 Rue de Grenelle 75007 Paris
・URL: https://www.musee-armee.fr/accueil.html


フォンテーヌブロー宮殿


6966.jpeg

▲フォンテーヌブロー城 ©︎ iStock


パリ南部フォンテーヌブローに建つ宮殿。歴代王族の狩猟用の館としても使われました。1685年にルイ14世はここでフォンテーヌブロー勅令を発しました。内容は、プロテスタントの礼拝禁止と、改宗しない牧師の国外追放をするというもの。改宗に応じなかったユグノー(カルヴァン派のプロテスタント)は国外に亡命し、その中には多くの手工業者や商人が含まれていたため、結果的にフランスの経済力は衰えました。フランスに残ったプロテスタントも反乱(カミザールの乱)を起こしますが、武力鎮圧されています。


・住所: 77300 Fontainebleau
・URL: https://www.chateaudefontainebleau.fr/


ルイ14世を題材にした映画


新型コロナウイルスで、今は以前のようにパリへ行けませんので、映画で雰囲気を味わってもいいかもしれませんね。


■『仮面の男』
17世紀のパリ、飢餓に苦しむ市民をよそに権力と贅沢に酔う若きルイ14世の圧政を見兼ねたかつての四銃士は、ルイ14世の双子の弟を王として擁立する(『キネマ旬報』より)。



■『ルイ14世の死』
"太陽王"と呼ばれ、豪奢を尽くしてヴェルサイユ宮殿を作ったフランスの王・ルイ14世が、病床に伏して亡くなるまでの数週間を描く(『キネマ旬報』より)。



フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリとその近郊で探すルイ14世の足跡 中央集権からユグノー弾圧まで

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について