トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリで探すルイ16世の足跡 フランス革命から断頭台に登るまで

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリで探すルイ16世の足跡 フランス革命から断頭台に登るまで

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年4月14日

6911.jpeg

▲コンコルド広場でギロチンにより首を落とされたルイ16世 Paris Musées / Musée Carnavalet


ここ数日、日本で「ルイ16世」という単語をよく聞きますので、ルイ16世を感じられるフランス革命にちなんだパリと、その近郊のスポットを紹介します。ルイ16世(1754-1793)というのは、フランス革命時のフランス国王であり、マリー・アントワネットの夫です。

6812.jpeg

▲パリから逃亡するルイ16世 Paris Musées / Musée Carnavalet


バスティーユ広場


6913.jpeg

© Paris Tourist Office - Photographe : © Sarah Sergent


1789年7月14日、生活に苦しんでいたパリの人々が蜂起し向かったのが、当時パリ東部サン・タントアーヌにあったバスティーユ(監獄)でした。バスティーユは占拠され、ここから一連のフランス革命につながっていきました。


バスティーユは革命後に解体されたため、現在建物はありません。バスティーユの跡はバスティーユ広場になり、中央には7月革命記念柱が建っています。フランスの国体を変えるきっかけとなったバスティーユ襲撃ですが、当日ルイ16世は日記に「Rien(何もなし)」と記していたそうです。


・住所: Place de la Bastille 75011 Paris


ヴェルサイユ宮殿


6917.jpeg

©︎ Améllie Peingnez


ルイ13世の別荘を、ルイ14世が大規模に拡張し、豪華な建物と広大な庭園を備えた宮殿として整えました。莫大な財力と労力が宮殿建設に費やされ、続くルイ15世、そしてルイ16世の治世下でも改装は続きましたが、1789年に始まったフランス革命で、その絶対的権力の中枢としての役割は終えました。


・住所: Place d'Armes 78000 Versailles
・URL: http://www.chateauversailles.fr/


チュイルリー公園


6914.jpeg

© Paris Tourist Office - Photographe : © Studio TTG


かつてパリにあったチュイルリー宮殿の庭として、ヴェルサイユ宮殿の庭園設計者と同じル・ノートルによってデザインされました。チュイルリー宮殿自体は1564年に宮殿造営が開始され、その後も増改築がされていきましたがフランス革命により蜂起した民衆は、1792年の「8月10日事件」でチュイルリー宮殿を占領。王権は停止しました。


フランス革命に際し、1791年6月20日にパリからの脱出を企てたルイ16世は、フランス東部ヴァレンヌで捕らえられ、チュイルリー宮殿に軟禁されました。宮殿自体は1871年、パリ・コミューンの鎮圧時に焼失しています。


・住所: Place de la Concorde 75001 Paris


タンプル広場


6915.jpeg

© Paris Tourist Office - Photographe : Daniel Thierry


民衆と軍隊のチュイルリー宮殿の占領により、ルイ16世など国王一家はタンプル塔に幽閉されました。タンプル塔は、元はテンプル騎士団の本拠地であり、その後はおもに修道院として使われていました。場所は現在のパリ3区のタンプル広場辺りですが、1808年のナポレオンの時代に取り壊されたため、現在建物は残っていません。


・住所: Square du Temple - Elie Wiesel 75003 Paris


コンコルド広場


6916.jpeg

© Paris Tourist Office - Photographe : © Sarah Sergent


シャンゼリゼ通りの東端にある広場で、ここでルイ16世はギロチンで処刑され生涯を終えました。ギロチンの刃は向きが斜めになっていますが、革命前に処刑具としてギロチンを導入した際に、この刃の向きの改良を助言したのは、ルイ16世自身でした。


・住所: Place de la Concorde 75008 Paris


▲フランス革命の時代を描いた映画『レ・ミゼラブル』(2012年)


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリで探すルイ16世の足跡 フランス革命から断頭台に登るまで

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について