トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリのミシュラン三つ星エピキュール、フレション氏20年の節目に至高の食事を楽しもう

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリのミシュラン三つ星エピキュール、フレション氏20年の節目に至高の食事を楽しもう

カテゴリー:お知らせ / レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年2月26日

6841.jpeg

(c) Frédéric Stucin


特別な旅行としてのパリ滞在や、フランス旅行の最後の思い出に、奮発して素敵なレストランでの食事を考えている方もいるかもしれません。ご存知のようにフランスでのレストランの格付けは、ミシュランガイドはじめ、いくつかのメディアが行っています。ミシュランガイドの場合、その最高峰に位置づけされるのが三つ星です。ミシュランガイドは三つ星を「そのために旅行する価値のある卓越した料理」としています。


世界中から腕利きの料理人とそれを求める美食家が集まるパリに、三つ星レストランは現時点で10店舗ありますが、そのうちのひとつが今回ご紹介する「エピキュール」です。


なぜ紹介しようと思ったのかというと、じつは同レストランでエリック・フレション氏がシェフに就いてから20周年を迎えたからです。ちなみにフランス語でシェフ(シェフ・ド・キュイジーヌ)というのは、すべての料理人を指すのではなく、そこのレストランの料理人のトップを意味します。

6842.jpeg

(c) Claire Cocano


エピキュールは、パリ8区フォーブール・サントノレ通りにあるパラスホテル「ル・ブリストル・パリ」の中にあるレストランです。「パラス」というのはフランスにおけるホテルの格付けで、星なし、および1〜5まで星で格付けされているホテルの、さらにその上にある最高峰ランクということ。現時点でパリ市内に11ヵ所あります。


6843.jpeg

(c) Claire Cocano


フレション氏は2009年に三つ星を獲得していますが、それより以前の1993年には、フランス文化の継承者としてふさわしいという証し「M.O.F.(Meilleur Ouvrier de France:国家最優秀職人章)」になっています。フランスの大御所シェフが、よくコックコートの襟の部分にトリコロールを施したものを着ています。トリコロールを付けるのを許されているのがM.O.F.の印です。また2008年にはレジオンドヌール勲章のシュバリエに叙勲されています。


あまりごたくを並べても、つまらないと思いますので、料理をご紹介します。


6844.jpg

(c) Benoit Linero


6845.jpg

(c) Benoit Linero


前菜には、ソローニュのキャビアや、ザルガイに乗せたウニ、ロスコフの赤タマネギ、ロスコフのイチョウガニを使い、主菜には舌平目などを用いています。ソローニュはパリ盆地の南、ロワール川とシュール川に挟まれた地域。フランス産のキャビアを生産しています。ロスコフはフランス西部ブルターニュにある港町です。写真はフレション氏の料理の一部ですが、どれも絵画のような美しさです。


芸術的な料理を包むのが、エピキュールの豪奢なインテリアとル・ブリストル・パリの雰囲気。特別な時間を演出するのにぴったりの場所です。男性はレストランにはジャケットの着用が必要です。気候のいい時期はテラス席も素敵ですね。


6846.jpeg

(c) Eric Deniset


ル・ブリストル・パリはパラスホテルだけに、各国の要人がパリを訪れる際に、その宿泊先として指定されることが多い場所。フレション氏が20年間積み重ね彩ってきた空間を堪能しに、パリ滞在の思い出作りに訪れてみてはいかがでしょうか。


【データ】
Epicure(エピキュール)
住所:112 rue du Faubourg Saint Honoré 75008 Paris
営業時間:7時30分〜10時30分、12〜14時、19時30分〜21時30分
定休日:無休
最寄り駅:地下鉄9・13号線Miromesnil


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリのミシュラン三つ星エピキュール、フレション氏20年の節目に至高の食事を楽しもう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について