トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリのギャラリー・ラファイエットが一流フレンチを手軽に再現できる料理教室を開講

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリのギャラリー・ラファイエットが一流フレンチを手軽に再現できる料理教室を開講

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年1月28日

6791.jpg


2020年版のミシュランガイドの発表が27日にあり、パリのレストラン「ケイ」が三つ星になりました。同店のシェフを務める小林圭さんは、フランスで初の日本人三つ星シェフという快挙を成し遂げました。


ミシュランといえば、昨年末までTBS系で放送されていたドラマ『グランメゾン東京』。パリでロケも行っていて個人的に思い入れがあるのですが、そこで木村拓哉さんが演じた料理人・尾花夏樹を地で行き、それを越えてしまった(尾花はフランスでは二つ星だったため)小林さんに感動してしまいました!


ミシュランガイドの発表と日程をかぶせたわけではないのですが、27日は私もフランス料理に触れる日でした。ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店が、2月から始める料理教室の取材へ。そこでフレンチ定番の鴨料理「マグレ・ド・カナール(鴨のロースト、根菜の付け合わせ)」を作ってみました。

6792.jpg


ギャラリー・ラファイエットでは、以前からマカロン教室(過去記事「日本語でお菓子作りを学べる!ギャラリー・ラファイエット「マカロン教室」に参加してみた 」)を開いていましたが、今回はデザートではなく本格的な主菜を作る料理教室を、フランスの名門料理学校フェランディとコラボして始めました。使用言語は英語。場所はラファイエット・グルメの3階にある、キッチンスタジオです。


今回、私が参加したのはメニューは「鴨のロースト、根菜の付け合わせ」でしたが、曜日によって他に「ホタテ貝とバニラ風味のパースニップのムース」「パリ・ブレスト」「タルト・タタン」「カップケーキ(子供と一緒のファミリー向け)」があります。教室の料金は主菜の料理教室が150ユーロ、デザートが120ユーロ、カップケーキが110ユーロです。


67910.jpg

▲今回「鴨のロースト、根菜の付け合わせ」を教えてくれた先生


キッチンスタジオに入ると、すでに道具と材料がセットされています。それらを使って、先生の説明を聞きながら、順に調理していきます。


6793.jpg


ギャラリー・ラファイエットの料理教室を取材する時に、私は毎回前置きしているのですが、私は料理が上手ではありません。素人ですので、今回も手際良く先生が進めていく様子に私の手元が追いつかず、まごついてしまいました。


また写真を撮りながらの料理だったため、説明を聞き逃したりして、かなり出来の悪い生徒だったと思います。そういう場合でも、先生はそれぞれの様子を見つつ巡回して、優しく教えてくれました。


6794.jpg


というわけで、鴨を焼いたり、ピューレを作ったり、オーブンに入れたり、と手順をざっくりとしか説明できないため、今回は写真を多めに載せて写真に様子を語ってもらうことにします(笑)。とにかく以下のような感じで作りました。


6795.jpg

▲鴨の皮に切れ込みを入れます


6796.jpg

▲ピューレを作る先生


6797.jpg

▲鴨を焼いていきます

6798.jpg

▲盛り付けのお手本を見せる先生


そんなこんなで完成したのが以下です。じゃーん!すごくないですか!? もちろん隙は多いですが、見た目は完全にフレンチです。


6791.jpg

▲私作「鴨のロースト、根菜の付け合わせ」


SNSでは一部を動画でも紹介しています。



調理が終わったら、隣の部屋に移動して先生と生徒で食事タイムに。味は......とってもおいしい! 味も平坦ではなく下手なフレンチに行くより、私が作った鴨料理の方が上です。それくらいの出来栄えでした。ここまで書くと、ギャラリー・ラファイエットのために"よいしょ"をしているのではと勘ぐる人もいるかもしれませんが、本当に良かったんです。


あんなに手元がまごついて、火を入れるタイミングも微妙で、絶対に失敗していると思ったのに、「ほどほど」ではなく「おいしい!」レベルまでに完成品で寄せてくる先生と料理教室とレシピに、感動してしまいました。参加してみる価値がとてもある料理教室だと思います。最後に修了証ももらえますよ。


6799.jpg


申し込みはギャラリー・ラファイエットの公式サイト から。同店の他のアクティビティと同じく、地球の歩き方特派員ブログの読者向け割引コード「ARUKIKATA」を入れると、料金が10%オフになります。もう一度取材に行きたいです......。


【データ】
Galeries Lafayette Paris Haussmann(ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店)
住所:40 Boulevard Haussmann 75009 Paris
営業時間(本館・紳士館):9時〜20時30分(日曜は11〜20時)
営業時間(グルメ・メゾン館):8時30分〜21時30分(日曜は11〜20時)
定休日:1月1日、5月1日、12月25日
最寄り駅:地下鉄7、9号線Chaussée d'Antin La Fayette


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリのギャラリー・ラファイエットが一流フレンチを手軽に再現できる料理教室を開講

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について