トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリでKinotayo現代日本映画祭が開幕、続々と注目作品が上映中

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリでKinotayo現代日本映画祭が開幕、続々と注目作品が上映中

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年12月 4日

6202.jpeg


11月26日からKinotayo(キノタヨ)現代日本映画祭が開催中です。同イベントは2006年から続くフランス最大の現代日本映画祭で、フランス劇場公開前の作品を中心に、幅広いジャンルの日本映画を扱っています。来年2月までの期間、フランス全土10都市以上で上映が行われますが、パリはパリ日本文化会館クラブ・ドゥ・レトワール・シネマギメ東洋美術館 の3会場で、12月9日まで開かれています。


映画祭期間中は、日本から上映作品の監督や役者が来仏し舞台挨拶も行われ、パリの日本映画ファンにとっては、監督や作品の中の役者と直に触れ合える貴重な機会です。

6203.jpeg

▲『典座』 (c) Kuzoku - All Japan Soto Young Priests Association


今年は富田克也監督『典座 -TENZO-』を11月26日のオープニング作品として、KENTARO監督『ターコイズの空の下で』と三池崇史監督『初恋』が特別上映作品に。12月9日のクロージング作品は、衣笠貞之助監督『狂つた一頁』が上映されます。『狂つた一頁』は戦前のモノクロ無声映画。弁士をフランス人落語パフォーマーのシリル・コピーニさんが務め、音楽演奏付きのシネコンサート上映です。


6204.jpeg

▲『ターコイズの空の下で』(c) TURQUOISE SKY FILM PARTNERS


6207.jpeg

▲『初恋』(c) Haut et Court


初日、パリ日本文化会館で開かれた開会式には、『典座 -TENZO-』の富田克也監督と同作品で主演に出演した曹洞宗僧侶である倉島隆行さんと河口智賢さん、そして『ターコイズの空の下で』のKENTARO監督と同作主演の柳楽優弥さんが駆けつけました。KENTARO監督と柳楽さんは、2日目にパリ日本文化会館で行われた『ターコイズの空の下で』の上映、およびKENTARO監督は12月1日のクラブ・ドゥ・レトワール・シネマでの上映にも登壇しました。


6201.jpg

▲クラブ・ドゥ・レトワール・シネマでの上映時に観客との質問に答えるKENTARO監督


コンペティション作品は以下の11作品がノミネートしています。


『きみの鳥はうたえる』三宅唱監督
『閉鎖病棟』平山秀幸監督
『愛しのアイリーン』吉田恵輔監督
『日日是好日』大森立嗣監督
『月夜釜合戦』佐藤零郎監督
『海を駆ける』深田晃司監督
『マスカレード・ホテル』鈴木雅之監督
『新宿タイガー』佐藤慶紀監督
『岬の兄妹』片山慎三監督
『カツベン!』周防正行監督
『楽園』瀬々敬久監督


6205.jpeg

▲『空を駆ける』(c) Art House Films


今後もまだまだ日本から監督が来仏予定です。クラブ・ドゥ・レトワール・シネマでは、12月6日の『岬の兄妹』上映時に片山慎三監督、12月7日は『新宿タイガー』佐藤慶紀監督、『海を駆ける』深田晃司監督、『月夜釜合戦』佐藤零郎監督の3人がそれぞれの上映時に、12月8日は『マスカレード・ホテル』の際に鈴木雅之監督と『きみの鳥はうたえる』上映で菅原和博プロデューサーが登壇します。また12月6日パリ日本文化会館の『海を駆ける』では深田晃司監督が挨拶します。


6206.jpeg

▲『カツベン』(c) 2019 TALKING THE PICTURES Production Committee


上映は上記以外の日時にも行われており、スケジュールはKinotayo映画祭の公式サイト からチェックできます。同じ作品でも、日本と海外では上映時の観客の反応や、感動、笑いのツボが大きく変わります。それら含めてぜひ楽しんでみてください。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリでKinotayo現代日本映画祭が開幕、続々と注目作品が上映中

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について