トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランスの新フレグランス「Hermetica」と「Floraïku」をプレゼンテーションで試してみた

フランスフランス/パリ特派員ブログ

フランスの新フレグランス「Hermetica」と「Floraïku」をプレゼンテーションで試してみた

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年7月26日

par1.jpg


フランスは香水産業が盛んな国です。有名ファッションブランドが出す香水から、フレグランスだけを専門に扱うブランドまで「香りの文化」を至る所で感じられます。


本当にいろいろな種類があって迷ってしまうのですが、その中で今注目度が上がりつつある2つの香水ブランド「Hermetica(エルマティカ)」「Floraïku(フロライク)」 。先日、メディア向けのプレゼンテーションがあったので行ってきました。場所はパリ市内にある百貨店プランタン・オスマン本店です。

par2.jpg


プランタン・オスマン本店は「ウィメンズストア」「メンズストア&プランタン・デュ・グー(食品館)」「ビューティ&ホームストア」3つの建物で構成されています。香水売り場があるのはビューティ&ホームストアの1階(日本式2階)です。


まず訪れたのがHermetica。錬金術からインスピレーションを受けて作られたブランド。錬金術とは、古代エジプトに起こり、アラブやヨーロッパに伝わった、卑金属から金や銀など貴金属を生成しようと試みたものHermeticaは、この錬金術をコンセプトに、分子など化学構造から香水と肌への最適解を求めています。


par3.jpg


Hermeticaの特徴は、通常の香水であれば使っているアルコールを使わず、アルコールフリーで作られているということ。そのため、肌が弱い人でもつけやすい香水になっています。


プレゼンテーションでは、華やかで甘いものから爽やかなものまで、10種類以上の香りを順に試していきます。今回のプレゼンテーション参加者は私以外、すべて女性。ただHermeticaはユニセックスで香りを展開していますので、例えば男女で一緒にそれぞれの香りを選ぶこともできます。


次に訪れたのが、日本の俳句など伝統文化をコンセプトにしたFloraïkuです。日本文化からインスピレーションを受けていますが、香水自体はフランスのブランド。つまり日本文化のエッセンスをフランスの香水文化に取り込んだような香水です。


par4.jpg


こちらでも10種類以上を順に試していきます。


par5.jpg


Hermeticaがどちらかというとフランスらしさを感じる香水だとすると、こちらはがらりと趣が変わり、香水ではあるものの奥底にほのかに日本茶の香りが漂うなど、日本を意識しているのが分かります。そして、傍らには日本茶と一口大のカップケーキの用意が。落ち着きます。


par6.jpg


パッケージもかなり凝っており、携帯用のケースには浮世絵風の絵がデザインされていたり、通常のボトルには英語で俳句が書かれています。FloraïkuもHermetica同様に男女兼用の香りです。


par7.jpg


本当にさまざまな香りがあるため、自分や相手のイメージに合うものが、きっと見つかるはずです。プランタン・オスマン本店のビューティ&ホームストアで、ぜひいろいろ試してみてください。


【データ】
Printemps Paris Haussmann(プランタン・オスマン本店)
住所:64 boulevard Haussmann 75009 Paris
営業時間:9時30分〜20時(日曜は11〜19時)
定休日:無休
最寄り駅:地下鉄3、9号線Havre - Caumartin


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > フランスの新フレグランス「Hermetica」と「Floraïku」をプレゼンテーションで試してみた

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について