トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリから手軽に遠出!今夏注目のノルマンディーへプレスツアーに参加してみた(2日目)

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリから手軽に遠出!今夏注目のノルマンディーへプレスツアーに参加してみた(2日目)

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年7月17日

norm1.jpg


メディアやインフルエンサーなどを招いて開かれた、ギャラリー・ラファイエットと巡るノルマンディーへのプレスツアーも2日目に入りました(前日の様子は「パリから手軽に遠出!今夏注目のノルマンディーへプレスツアーに参加してみた(1日目)」 を参照)。


カンやドーヴィル周辺を紹介した1日目が終わり、2日目は宿泊したカナップヴィルのホテル、マノワール・デ・ポルト・ド・ドーヴィル から車で北方向にある港町ル・アーヴルへ向かいます。


norm2.jpg


ル・アーヴルもカンなどノルマンディー地方の町と同様に、第二次大戦で町並みが大きく被害を受けた場所です。そのため戦後の現代建築が立ち並んでいます。2日目はそれら建築群を巡りました。


まず最初に着いたのが公共プール「レ・バン・デ・ドック」です。デザインはフランスの建築家ジャン・ヌーヴェルによるもの。公共のプールというと、どうもお役所の無機質なものをイメージしてしまいますが、同所は至る所にジャン・ヌーヴェルのセンスが散りばめられています。


norm4.jpg


norm3.jpg


ル・アーヴル市民は普段通り何気なく館内で泳いでいますが、こういったところを普通に使える市民の皆さんは本当に幸せです。


norm5.jpg


【データ】
Les Bains des Docks(レ・バン・デ・ドック)
住所:Quai de la Réunion 76600 Le Havre
開館時間:10〜20時(金曜は〜22時)
定休日:無
最寄り駅:Gare du Havreから徒歩15分


次に訪れたのが町の中心にあるオスカー・ニーマイヤー図書館です。


norm6.jpg


同所は「ル・ヴォルカン」と呼ばれる劇場と、オスカー・ニーマイヤー図書館が入る2棟の構造物からなっており、地上より一段低くした部分で繋がっています。オスカー・ニーマイヤー図書館の間取りの美しさは群を抜いており、内部も部屋や本棚が円を描くように配置。こちらも公共の施設で、市民が普通に使える建物です。


norm7.jpg


【データ】
Bibliothèque Oscar Niemeyer(オスカー・ニーマイヤー図書館)
住所:2 place Niemeyer, 76600 Le Havre
開館時間:10〜19時(土曜は14時〜17時30分)
定休日:月曜
最寄り駅:Gare du Havreから徒歩20分


午前に2ヵ所を見学した後はランチへ。1軒家をそのまま使ったレストラン「レ・ザンファン・サージュ」に向かいます。


norm8.jpg


ここでのお酒は、参加者の満場一致で夏らしくワインのロゼを。前菜としてタパスを皆でシェアして、私は主菜にマグロのたたきを注文しました。デザートは畜産業が盛んなノルマンディーらしく、フロマージュ・ブランを選んでみました。


norm9.jpg


料理もおいしかったのですが、レストラン内のインテリアもシックにまとまっていて、とても良い雰囲気です。


【データ】
Les enfants sages(レ・ザンファン・サージュ)
住所:20 rue Gustave Lennier 76620 Le Havre
営業時間:12時〜21時30分
定休日:日曜
最寄り駅:Gare du Havreから徒歩20分


食事の後は、レストラン内で地域で活躍するクリエイターさんたちと顔合わせ。ニューヨークっぽさとル・アーヴルをミックスさせた「LH 」やルーアンの「Jeanne a dit 」といった服飾ブランド、麻のバッグがかわいいメード・イン・フランスの「Grenouiile Rouge 」、ノルマンディー産の麻を100%使って織られたリネン製品の「Embrin 」の各担当者さんが、商品を説明してくれました。


norm10.jpg

(Grenouille Rougeのバッグ)


norm11.jpg

(Embrinのリネン製品)


最後の目的地はオーギュスト・ペレの集合住宅です。第二次大戦で破壊されたル・アーヴルの町は、1945年から1964年にかけて再建されましたが、その時に都市計画を手がけたのがフランスの建築家であるペレでした。


norm12.jpg


鉄筋コンクリートという新しい工法を用い、戦争で失った住民に対する迅速な住宅供給を行うとともに、整った都市開発を成功させました。その芸術性が評価されて世界遺産にも登録されています。その1つが今回訪れたアパートです。


norm13.jpg


室内の装飾も1950年代のインテリアで統一されています。70年前の内装ですが、あまり古く感じないのは、デザインが洗練さによるものでしょう。


【データ】
Appartement témoin Perret(ペレのアパート)
住所:181 Rue de Paris 76600 Le Havre
開館時間:ガイドツアーでの見学
定休日:無
最寄り駅:Gare du Havreから徒歩20分


ペレの建築の見学が終わった後は、ル・アーヴル駅から列車でパリへ。見所が満載だった今回のプレスツアー。新しい発見もたくさんありました。ノルマンディーはパリから行きやすい場所ですので、ぜひ皆さんも訪れてみてください!


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリから手軽に遠出!今夏注目のノルマンディーへプレスツアーに参加してみた(2日目)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について