トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 今年もパリプラージュ始まる 水着でセーヌ川をバカンス気分

フランスフランス/パリ特派員ブログ

今年もパリプラージュ始まる 水着でセーヌ川をバカンス気分

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / 夜遊び・クラブ・お酒 / 天気・気候・気温 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年7月27日

pp1.jpg


オーブンの中を歩いているようなパリの熱波も一段落したので、少々遅ればせながら、7月6日から9月1日まで開催されている、パリプラージュ について書きたいと思います。パリプラージュとは、パリ市内中心部のセーヌ川ビーチのようにして、パリにいながらバカンス気分を味わえるようにしたものです。

pp2.jpg


場所は2カ所あります。セーヌ川沿いをサン・ルイ島東端のシュリー橋から西へパリ市庁舎前を通り、ポン・デザール(芸術橋)までの右岸(セーヌ川の会場地図はこちら )。そしてパリ市内北東19区にあるラ・ヴィレット貯水池です(ラ・ヴィレット貯水池の会場地図はこちら )。


どちらの会場も、それぞれの良さがあって好きなのですが、セーヌ川沿いはパリらしさを存分に感じられることが魅力です。歴史的建造物に囲まれながら、読書などして過ごす時間はパリプラージュならではです。


一方でラ・ヴィレット貯水池では、子供向けのアクティビティが多い印象です。さらに、セーヌ川に繋がる運河がプールになっており(営業時間は毎日11〜21時)、セーヌ川と同じ水で泳げます。セーヌ川とか運河って泳げるの(?)と思われる人もいるでしょうが、毎夏のプール設置に際し、パリ市は水質検査をしており遊泳基準を満たしているとのこと。


ただ、このように貴重な機会ではありますが、私個人の意見としては、もう少しセーヌ川の環境や、汚物などが流れ込むパリ市民のマナー問題が改善してからの方がいいような気もします......。


pp3.jpg


とにかく、パリプラージュは通常の過ごしやすい夏のパリであれば、ゆっくりするのには絶好の手軽なお出かけスポットです。


【データ】
Paris Plage(パリ・プラージュ)
住所(セーヌ川):Parc Rives de Seine
住所(ラ・ヴィレット貯水池):Bassin de la Villette
開催期間:2019年7月6日〜同9月1日


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 今年もパリプラージュ始まる 水着でセーヌ川をバカンス気分

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について