トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > シャンゼリゼの新ランドマーク「ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店」は最新のコンセプトでいっぱい!

フランスフランス/パリ特派員ブログ

シャンゼリゼの新ランドマーク「ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店」は最新のコンセプトでいっぱい!

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年4月14日

Galeries Lafayette Champs-Elysées - Façade_1 (c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti - avril 2019.jpg

(c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti


パリを代表する通りといえばシャンゼリゼ通り。凱旋門があるエトワール広場からコンコルド広場につながる通りは、いつも多くの観光客であふれています。そのシャンゼリゼ通りに3月28日、ギャラリー・ラファイエットが地上2階、地下1階の店舗として新しく開店しました。


先日同店を訪れて、館内を巡ってみました。

Galeries Lafayette Champs-Elysées - tunnel d'entrée - (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


今回ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店としてオープンしたのは、1930年代に建てられたアール・デコ建築。これをデンマークの建築家ビャルケ・インゲルス(ビャルケ・インゲルス・グループ:BIG)が担当し21世紀の百貨店として改装されました。


まず特徴的なのが入口です。シャンゼリゼの喧騒から入口のトンネルをくぐると、地上階中央のアトリウムへ到達します。そこから1階へはアール・デコの大階段が続きます。大階段は以前からの構造の踏襲です。また今回の改装において、BIGはファサードやガラスドームなどアール・デコの構造を存分に活かしています。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Escalier Art Déco (c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti - avril 2019.jpg

(c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti


2階から1階へ下る階段は、前方に大きなガラス窓が広がり、シャンゼリゼ通りの活気と自然光を大きく館内へ取り込んでいます。その先には館内カフェ「Citron」が浮かぶようにシャンゼリゼ通りに面しています。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Escalier Podium (c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti - avril 2019.jpg

(c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti


館内の調度品についてもすべてBIGによるデザインです。例えば、中央アトリウムを囲むように設置されたリング。商品棚と建物に統一感を出させています。ビャルケ・インゲルスにとってギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店は初めて小売店を扱ったプロジェクトになりました。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Boîtes de verre - mars 2019 (c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti.jpg

(c) Delfino Sisto Legnani e Marco Cappelletti


それでは館内を順に紹介してきましょう。


地下1階はフードコートが入っています。ル・ショコラ・アラン・デュカス、ピエール・マルコリーニ、ストレー、ア・ラ・メール・ド・ファミーユ、カスピア・デリ、ル・コントワール・ベロ、リトル・ジアオ、リビエラといった店舗がそろいます。中央にはテーブルが設置され、イートインスペースが設けられています。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Food Court_1 (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


地上階はウェルカムスペースとしての役割と共に、奥に化粧品や香水などのフロアを併設しています。オープン時の現在はシャネルのプレゼンテーションで飾られています。


1階は新進のブランドやデザイナーを扱ったフロアです。レザーグッズやアクセサリー、スニーカー、デニムなどのコーナーもあり、一部に上述したカフェ「Citron」があります。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Mode_1 (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Sneakers (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


2階はラグジュアリーブランドがそろいました。他ではなかなか見つけることができないデザイナー物も並びます。よりハイブランドのレザーグッズ、ジュエリー、靴などを取り扱います。50席あるレストラン「Oursin」は今年7月に今後オープン予定です。


Galeries Lafayette Champs-Elysées - Soulier_1 (c) Matthieu Salvaing - mars 2019.jpg

(c) Matthieu Salvaing


シャンゼリゼという場所柄、価格帯は高めのハイブランドを中心にそろえており、陳列の仕方も従来の百貨店と異なり、よりセレクトショップをイメージした店内になっています。


【データ】
Galeries Lafayette Champs Elysées(ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店)
住所:60 avenue des Champs-Elysées 75008 Paris
営業時間:10時30分〜24時(日曜は〜21時)
定休日:無
最寄り駅:地下鉄1、9号線Franklin D. Roosevelt


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > シャンゼリゼの新ランドマーク「ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼ店」は最新のコンセプトでいっぱい!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について