トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > もし私がパリのお土産BOXを3000円で作るなら【プランタン編】

フランスフランス/パリ特派員ブログ

もし私がパリのお土産BOXを3000円で作るなら【プランタン編】

カテゴリー:お題 / ショッピング・雑貨・お土産 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年1月26日

IMG_3281.jpg


案外迷うお土産選び。以前のブログ ではギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店で3000円(約25ユーロ)分を選んでみましたが、今回は同じくパリ市内の百貨店プランタン・オスマン本店で選んでみました。お土産選びのテーマは前回と同じ「義理のバラマキ土産ではなく、3000円分を1つのセットとして仲の良い友達にお土産として買っていく」です。


今回も同店の担当者さんに「25ユーロ分、何かないですか......」と頼みつつ、店内を探してみました。

facade_PH.jpg


■コスメ&リラクゼーション中心のセレクション


まず足を運んだのがプランタンのボーテ・メゾン館。プランタン・オスマン本店の中で美容用品やインテリア用品などを取り扱う建物です。美容用品やインテリア用品は1品で値が張るものが多いですが、ボーテ・メゾン館地上階のコスメ売り場で、今回の価格帯に合うものを探した結果、こんな感じになりました。


・manucuristのネイル(14ユーロ)
・Benamôrのハンドクリーム(8ユーロ)
・Benamôrの石けん(6.50ユーロ)


合計:28.50ユーロ


PYK_7851.jpg


パリのマニュキュアブランドmanucuristは植物由来成分を中心とした自然派マニキュア。ポルトガルのブランドBenamôrはアールデコのチューブデザインが美しいリスボンのナチュラル系ブランドです。写真は同系色で選んでみましたが、manucuristのネイルのカラーやBenamôrの香織の種類は、他にもいろいろ組み合わせられます。


PYK_7855.jpg


PYK_7858.jpg


同じくボーテ・メゾン館の地下1階に売られている、Nathalie Bondのアロマキャンドル(15ユーロ)を組み合わせても素敵です。こちらは蓋つきのキャンドルですので、気分に合わせてパリ滞在中のホテルから使えます。


PYK_7861.jpg


■スイーツ好きな人向けのセット


次は食品館であるプランタン・デュ・グーに移動しました。最初は甘いものとお茶を組み合わせてみました。


・Maison Caffetのタブレットチョコレート(7.45〜8.45ユーロ)
・La Sablesienneのサブレ(4〜4.20ユーロ)
・Chic des Planetes!のハーブティー(11.50〜14.90ユーロ)


合計:22.95〜27.55ユーロ


PYK_7880.jpg


PYK_7864.jpg


PYK_7878.jpg


チョコレートはMaison Caffetの代わりにENCUENTROのタブレット(7.40〜8.40ユーロ)、お茶は相手の好みでLomiのコーヒー(8.90〜18.20ユーロ)にしても良いですね。La Sablesienneの他にもプランタン・デュ・グーでは、フランスの小規模生産者のサブレやビスケットもそろいます。


PYK_7881.jpg


PYK_7876.jpg


■甘いものが苦手な人向けの詰め合わせ


酒の肴や食事に添えられるような塩系のものも選んでみました。


・MAISON CLARANCEのマスタード(5.85ユーロ)
・Atelier du Poissonnierの魚介リエット(イワシまたはサケ6.70ユーロ、オマール11.90ユーロ)
・Okinaの塩ビスケット(3.80〜3.95ユーロ)
・URRE GORRIAのスパイスソルト(6.20ユーロ)


合計:22.50〜27.90ユーロ


PYK_7873.jpg


MAISON CLARANCEのマスタードは、原料となるカラシナの種子もフランス産のメード・イン・フランスのブランドです。


PYK_7872.jpg


Atelier du Poissonnierの魚介リエットは、定番のイワシやサケの他に、少し予算を出してオマールを選ぶと豪華になりますね。


PYK_7875.jpg


Okinaの塩ビスケットはフランス南西部、スペイン国境沿いのバスク地方のメーカーが作っています。


PYK_7874.jpg


塩もフランス定番のお土産ですが、もし何度かフランスを訪れているようなら、スパイスソルトで少し変化を入れるものありです。


もし予算に余裕があるようでしたら、プランタン・デュ・グーのオリジナル・トーション(9ユーロ)を添えてプレゼントしてみてもいかがでしょうか。お土産が一層華やかになりますよ。


PYK_7882.jpg


PYK_7871.jpg


今回ご紹介した商品の他にも、いろいろなメード・イン・フランスの食品がプランタン・デュ・グーには並んでいます。レストランやイート・イン・スペースも充実していますし、ショッピングの休憩がてら訪れても利用価値は大きいです。


【データ】
Printemps Paris Haussmann(プランタン・オスマン本店)
住所:64 boulevard Haussmann 75009 Paris
営業時間:9時30分〜20時(日曜は11〜19時)
定休日:無休
最寄り駅:地下鉄3、9号線Havre - Caumartin


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > もし私がパリのお土産BOXを3000円で作るなら【プランタン編】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について