トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 華やかなアールヌーボーの世界 リュクサンブール美術館の「アルフォンス・ミュシャ」展

フランスフランス/パリ特派員ブログ

華やかなアールヌーボーの世界 リュクサンブール美術館の「アルフォンス・ミュシャ」展

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月 7日

Rêverie.jpg

Alphonse Mucha Le zodiaque 1896 Lithographie en couleur 65.7 x 48.2 cm Prague, Fondation Mucha © Mucha Trust 2018 / Alphonse Mucha Rêverie 1897 Lithographie en couleur 72.7 x 55.2 cm Fondation Mucha, Prague © Mucha Trust 2018


2019年1月27日までパリのリュクサンブール美術館で「アルフォンス・ミュシャ」展が開かれています。ミュシャは1860年生まれのチェコ出身の画家。アールヌーボーを代表する芸術家です。1895年にパリで女優サラ・ベルナールのポスターを手がけ一気に有名になりました。

vue de l'exposition 9.jpg

vue de l'exposition Alphonse Mucha (9) scénographie Atelier Maciej Fiszer © Rmn-Grand Palais / Photo Didier Plowy


ミュシャの名前を知らない人でも、彼がデザインしたポスターはどこかで見たことがあると思います。このブログ記事の冒頭に載せた『黄道十二宮』『夢想』などはとても有名。若い女性と花柄、装飾性に富んだデザイン、パステルカラーの色使いが特徴的です。ミュシャはポスターアーティストだけでなく、画家、彫刻家、写真家、装飾家、教師としてもその才能を振るいました。


boite pour les gaufrettes vanille.jpg

Alphonse Mucha Boîte pour les gaufrettes vanille Lefèvre-Utile c.1900 Boite en fer-blanc, recouverte d'une étiquette lithographiée 19.3 x 18.3 x 17.5 cm Fondation Mucha, Prague © Mucha Trust 2018


リュクサンブール美術館の解説によると、1904年のミュシャにとって初めての渡米時には、世界でもっとも有名な装飾芸術家と呼ばれたそうです。


Noël en Amérique.jpg

Alphonse Mucha Noël en Amérique 1919 Huile sur toile 83 x 79 cm Fondation Mucha, Prague © Mucha Trust 2018


しかし、ミュシャの政治信条および人道主義的信条は次第にミュシャをその装飾的な作風から変えていき、一連の歴史画の作成に着手させます。20枚から成る連作『スラブ叙事詩』など、ときにそれは大判の作品であったり、戦争や理想主義的な影響がありました。


Cathédrale Saint Vitus, St Wenceslas.jpg

Alphonse Mucha Cathédrale Saint Vitus, St Wenceslas ( duc de Bohème), agenouillé près de la Grand-mère Lumidla 1931 Encre, aquarelle,sur papier 92 x 139.5 cm Fondation Mucha, Prague © Mucha Trust 2018


今回のリュクサンブール美術館の展示では、パリでの華やかな作風からその後の民族主義的な画風まで、ミュシャの作風の移り変わりを感じることができます。実際に美術館で各作品と対面し、近寄り構成する細かな線などを眺めていると、制作していた当時のミュシャの息遣いが聞こえてくるよう。今パリで開かれている企画展の中でもおすすめのイベントです。


vue de l'exposition 4.jpg

vue de l'exposition Alphonse Mucha (4) scénographie Atelier Maciej Fiszer © Rmn-Grand Palais / Photo Didier Plowy



【データ】
Musée du Luxembourg(リュクサンブール美術館)
住所:19 rue de Vaugirard 75006 Paris
開催期間:2018年9月12日〜2019年1月27日
開館時間:10時30分〜19時(金曜は〜22時:12月24日〜12月31日は〜18時)
休み:無休
最寄り駅:RER B線Luxembourg/地下鉄4号線Saint Sulpice


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 華やかなアールヌーボーの世界 リュクサンブール美術館の「アルフォンス・ミュシャ」展

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について