トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > エッフェル塔が日本をテーマに 皇太子さまによる点灯式が開催

フランスフランス/パリ特派員ブログ

エッフェル塔が日本をテーマに 皇太子さまによる点灯式が開催

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年9月14日

PYK_4533.jpg


今年はフランスで日本文化を紹介する「ジャポニスム2018」が開かれています。その中の一つのイベントとして、9月13日と14日の2日間、エッフェル塔が日本に関するライトアップで照らされました。デザインを担当したのは照明デザイナーの石井幹子さんと娘のリーサ明理さんです。


点灯式はエッフェル塔の正面に位置するシャイヨー国立劇場で開かれ、点灯ボタンは来仏中の皇太子さまによって押されました。その点灯式に行ってきました。

IMG_0836.jpg


式の当日13日は、中村獅童さんと中村七之助さんによる松竹大歌舞伎の初日でもありました。演目は『色彩間苅豆かさね』と『鳴神』が演じられたのですが、『色彩間苅豆かさね』が終わった後、幕間が1時間取られ、皇太子さまおよび観客は劇場内のエッフェル塔が見渡せるロビーへ移動。そこで式が執り行われました。


PYK_4471.jpg


式が始まる前に観客には無料でシャンパンが振舞われました。そして皇太子さまが点灯ボタンを押し、繰り広げられる10分間のスペクタルを堪能。雅楽など日本の楽器を用いた曲が流れる中、日の出や富士山、江戸時代の画家・尾形光琳の代表作『燕子花図屏風』をモチーフにしたデザインが、10分1セットで9月13日と14日の20時30分から翌1時の間、エッフェル塔に投影される仕組みです。


PYK_4499.jpg


PYK_4503.jpg


点灯式の後は、再び歌舞伎の続きを鑑賞。特に『鳴神』の滑稽なやり取りのシーンでは、フランス人の観客が大いに楽しんでいました。


IMG_0848.jpg


これからも企画されている「ジャポニスム2018」のイベント。同じ演目や内容でも、日本で見るのとフランスで見るのとでは、観客の反応や雰囲気など違っていて面白いですので、この時期にフランスに滞在する方はぜひ足を運んでみてください。


フランス関連の速報と今日のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis )から、フランスとフランス国外取材の写真はInstagram(@katoyukinobu )よりお知らせしています。パリ特派員ブログとあわせてチェック!

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > エッフェル塔が日本をテーマに 皇太子さまによる点灯式が開催

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について