トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリの新シェアリングサービス、電動キックススケーター「Lime-S」乗り方まとめ

フランスフランス/パリ特派員ブログ

パリの新シェアリングサービス、電動キックススケーター「Lime-S」乗り方まとめ

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2018年8月13日

IMG_0187.jpg


ヴェリブ(自転車)をはじめ、パリにはさまざまな形のシェアリングサービスが展開されています。その中で今年6月から新しくサービスが開始されたのが、米Lime社による電動キックスケーターシェアリング「Lime-S」です。ヴェリブのように、街中に設置されたステーションに返す形ではなく、ofoやMobike(ともに自転車)のように道端に乗り捨てるステーションフリー方式。どのように使えばいいのか、使用手順をまとめてみました。

IMG_0188.jpg


使用にはまずスマホにLimeのアプリ をダウンロードするとことから始めます。ダウンロードしたら、起動してユーザー登録を済ませます。


登録が終わるとアプリ上の地図で、どこにLime-Sがあるか確認できるようになります。借りるためにはアプリで事前にいくらかの金額を、チャージすることが必要です。チャージはアプリを経由してクレジットカードで決済可能です。アプリも入れた、課金もしたら、早速使ってみましょう。


arukikata-lime1.jpg

(Limeアプリのスクリーンショット)


アプリの地図を見てLime-Sを探し、車体を見つけたらハンドルに付いているQRコードを、アプリのカメラ画面で読み込みます。もし何度やっても読み込まない場合は、QRコードに書かれている数字を入力することで代替できます。QRコードが読み込まれるとその車体がアンロックされ、使用できるようになります。


ハンドル右手側にはアクセル、左手にはブレーキがあります。料金は1回使うごとに1ユーロ。1分ごとに0.15ユーロです。


PYK_3917.jpg


PYK_3920.jpg


乗るときはヘルメットと運転免許証が必須です。乗り方は、まず足で蹴って車体に速度を乗せ、その後は右手側のアクセルでスピードを上げます。止まる時は左手のブレーキを握り、自転車と同じように減速します。ハンドル中央には速度計が付いています。


IMG_0449.jpg


目的地に着いたら、邪魔にならない公共のスペースに駐車します。アプリ内のカメラで駐車場所の写真を取り、返却が完了です。


arukikata-lime2.jpg


最初は使い方に戸惑うかもと思ったのですが、実際に使ってみると案外スムーズ。パリの新しい散策手段にどうぞ。


フランス関連の速報と今のフランスの様子はTwitter(@arukikataparis)から、フランス国内外の取材写真はInstagram(@katoyukinobu)よりお知らせしています。『地球の歩き方』本誌およびフランス/パリ特派員ブログとあわせてチェック!

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > パリの新シェアリングサービス、電動キックススケーター「Lime-S」乗り方まとめ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について