× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > ノートルダム大聖堂で期間限定のプロジェクションマッピングが始まる

フランスフランス/パリ特派員ブログ

ノートルダム大聖堂で期間限定のプロジェクションマッピングが始まる

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 夜遊び・クラブ・お酒 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年11月 8日

Visuel3.jpg


11月8〜11日まで、パリのノートルダム大聖堂でプロジェクションマッピング「Dame de Cœur(ダム・ド・クール)」が行われています。大聖堂の正面壁面を使い行われるもので、光と音に合わせて大聖堂を舞台に壮大なスペクタクルが展開されます。観覧料は無料です。


開始前日に開かれた試写会へ行ってきましたので、その様子を少しご紹介します。

KY1_3483.jpg


1回の上映時間は約25分。ノートルダム大聖堂前のジャン・ポール(ヨハネ・パウロ)2世広場を観客席として、大聖堂を正面にプロジェクションマッピングを観覧します。観覧はすべて立ち見。現在のパリの気温は、朝夕は気温が摂氏1桁前半まで落ちることがあります。そのため暗くなってからは当然寒いです。ショー開始まで吹きっさらしの広場で待たなければならず、十分な防寒対策が必要です。


プロジェクションマッピングは、ノートルダム大聖堂がありパリ発祥の地であるシテ島で行われるショーらしく、フランス史をスペクタクルに混ぜ込んだものに仕上げられています。現在、大聖堂の外観は装飾されておらず石の色がそのまま現れていますが、かつては多色彩飾がされていたと言われています。プロジェクションマッピングでの色とりどりの大聖堂を見ていると、かつてはこのような光景だったのかなという想像を駆り立てられます。


KY1_3492.jpg


25分間のショーが終わると、クリスマスなど特別な行事以外は閉じられている、大聖堂正面真ん中の門から光で装飾された大聖堂内へ進みます。大聖堂内を見学した後は、建物側面の出口から外へ出ます。堂内の見学時間はおよそ10分です。


KY1_3495.jpg


8〜11日の大聖堂前広場への入場は公式サイト から予約が必要です。ただノートルダム大聖堂は大きな建物ですから、広場前で見なくても少し離れたところからも、プロジェクションマッピングの様子は観覧できそうです。ぜひ期間限定のイベントを楽しんでみてください。




【データ】
Dame de Cœur(ダム・ド・クール)
上映時間:19時30分〜、21時30分〜(2017年11月8〜11日の各日2回上映/11日のみ第1部は20時〜)
料金:無料(大聖堂前広場への入場は予約制)
最寄り駅:地下鉄4号線、RER B/C線Saint-Michel Notre-Dame駅、地下鉄4号線Cité駅

ジモモ パリ

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省プレスカード所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちらまで。
Twitter
Instagram DISQUS ID @disqus_18Vbi7ykrM

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > ノートルダム大聖堂で期間限定のプロジェクションマッピングが始まる