トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 日本人も必見! パリ・グランパレで「北斎」展始まる

フランスフランス/パリ特派員ブログ

日本人も必見! パリ・グランパレで「北斎」展始まる

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2014年10月 3日

P1040040.jpg


10月1日から11月20日まで、そして12月1日から1月18日まで、グラン・パレで「北斎」展 が開かれています。今回のエクスポジションは、島根県津和野町にある葛飾北斎美術館館長・永田生慈さんが監修し、北斎の生涯の作品を年代順に鑑賞できる構成になっています。早速訪れてきました。

P1040047.jpg


会場内の北斎の各年代の解説は、日英仏の3ヵ国語で表示されています。フランス人には少し難しい浮世絵内の言葉も、日本人にとっては身近な地名が所々で出てきます。自分の地元がかつてこんな風景で、北斎によってどのようにデフォルメされているかというのを見ているだけでも、とても楽しいです。会場内には「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」や「百物語」の「お岩さん」「こはだ小平次」など有名作品も並んでいます。


P1040042.jpg


入場料は大人13ユーロ。予約なしでも入れますが、入場制限がかかることもあるので、訪問時間が決まっている人は、公式サイトからチケットを事前予約するとスムーズに入れます。また前期と後期の日程で作品を入れ替えます。


ジャポニスムが花開いたフランスは、昔から日本文化に関心が高い国です。現地で北斎の浮世絵を見た後に、それらジャポニスムに影響された画家たちの作品を見に行っても粋ですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。日・仏・英の比較文化が専門。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本で雑誌記者として活動する。2009年よりパリ在住。取材経験はカンヌ国際映画祭、パリ同時多発テロ事件、ブリュッセル連続テロ事件、ニーステロ事件、仏大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。仏外務省が発給する記者証所持。元ANNパリ支局勤務。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせはこちら、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 日本人も必見! パリ・グランパレで「北斎」展始まる

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について