トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 2011年に起きた3大ニュース

フランスフランス/パリ特派員ブログ

2011年に起きた3大ニュース

カテゴリー:お知らせ / お題 投稿日:2011年12月31日

DSC_0010.jpg


今日12月31日で2011年も終わりです。独自の観点で今年の3大ニュースを選んでみました。

■ブルカ禁止法


4月11日ブルカを公共の場で禁止する法律が施行されました。ブルカとはイスラムの女性が、顔をすべて覆うためのベールです。従わない場合は150ユーロの罰金、もしくは市民権講座の受講が義務づけられます。男性が女性にブルカの着用を強要した場合も、3万ユーロの罰金と禁固刑が科せられます。フランスではライシテと呼ばれる政教分離原則が徹底されており、これは公共の場で非宗教性を保つことでプライベートでは信仰の自由を保障するという考え方です。しかし、この法律の施行は、当時、私の周囲のフランス人の間でも賛否両論あり、かなり話題になりました。


■ディズニーランド・パリで事故


4月25日パリ郊外にあるディズニーランドのアトラクション、ビッグサンダーマウンテンの一部が落下し、乗っていた客に当たり5人が負傷しました。在仏日本人の反応は「やっぱり......」というもの。いい加減な部分が結構あるフランスの国民性が、夢の国でも反映されたか、という感想が大部分でした。


■免税店の消費額で中国がトップ


7月19日付加価値税の払い戻しをおこなうグローバル・ブルーの発表によると、
中国人旅行者による免税店での消費額がロシア、日本、米国、インドネシアなどを抑えて中国が初めてトップになりました。市内ルイ・ヴィトンなどの高級ブランド店をのぞくと
中国人観光客ばかり。すでにトップを保っていると思っていたら、2010年が初めてだったようです。ちなみに前年と比べて増加は倍になり、13億ユーロに達したとのことです。


(12月のお題"2011年3大ニュース")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

加藤 亨延

フランス・パリ特派員の加藤 亨延が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/パリ特派員
名前:加藤 亨延

加藤 亨延

ジャーナリスト。愛知県出身。ロンドンにて公共政策学修士を修めた後、日本でガイドブックおよび雑誌記者として活動する。2009年に渡仏。ANNパリ支局勤務を経て、現在は株式会社プレスイグレック代表。専門は日仏比較文化と社会、ツーリズム。取材経験はカンヌ国際映画祭、ユネスコをはじめ国際機関、パリ同時多発テロ事件、フランス大統領選など。欧州を中心に約60カ国800都市に渡航経験あり。フランス外務省発行記者証所持。フランス/パリの旬の話題を中心に更新していきます。お仕事などのお問い合わせは株式会社プレスイグレック、またはメールにて。
Twitter
Instagram DISQUS ID @arukikataparis

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 2011年に起きた3大ニュース

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について