トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 日本人シェフのいる、凱旋門近くのレストラン

フランスフランス/パリ特派員ブログ

日本人シェフのいる、凱旋門近くのレストラン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2008年11月29日

cercle%20du%2017eme.JPG凱旋門から歩いて5分のところにある、気軽に入れる雰囲気のレストラン、ル・セルクル・デュ・ディセッティエム。シェフ梶原節紀氏が手がけるのは、フランス伝統料理をベースにしながらも、スパイスをふんだんに使ったり、和食の素材を加えたり、とオリジナリティを感じさせる料理だ。例えば、鴨のマグレはカラメル状のソースに梅や黒酢を入れたり、ミラノ風ビーフカツレツは肉の上にごまをちらしたり、という具合。デザート・シェフの佐藤誠之氏が腕をふるうスイーツのおすすめは、土台にマロン・クリーム入りマカロンを使ったモンブラン、ほどよい苦さで口どけのいいムース・オ・ショコラなど。
ランチセットのメインは日替わりで3種類、前菜3種類、デザート4種類の中から選べる。メインのみ17euros、前菜&メインまたはメイン&デザートで19euros、前菜&メイン&デザートで24euros。
(写真はミラノ風ビーフカツレツ (c)Yuki MATSUBA)

Le Cercle du 17ème
住所:5, rue Labie 75017
Métro:Ternes
TEL:01 4574 2298
営業時間:12h〜14h30、19h〜22h30
定休日:土・日曜

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

江草 由香

フランス・旧パリ特派員の江草 由香が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/旧パリ特派員
名前:江草 由香

江草 由香

編集者・ライター。映画理論を学ぶために96年に渡仏し、パリ第一大学映画学科に登録。PRESSE FEMININE JAPONAISEを設立し、99年にパリ発情報誌『ビズ』を創刊。現在、日本の雑誌やWebにフランスの情報記事、コラムなどを寄稿しながら、『ビズ・ファミーユ』の編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年フランスに渡る』。

パリ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

パリを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パリ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > パリ特派員 > 日本人シェフのいる、凱旋門近くのレストラン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について