トップ > アジア > フィリピン > パナイ島特派員 > フィリピンのお葬式ってどんな感じ?

フィリピンフィリピン/パナイ島特派員ブログ

フィリピンのお葬式ってどんな感じ?

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2016年12月 8日

こんにちは!あっという間に12月になってしまいましたね~
忘年会とか、イベントとかで何かと出費の多い季節...笑

今回はフィリピンのお葬式についてです‼
お葬式って、列席もしてないのに書けるの??って思ったあなた‼
わたくし、フィリピンで列席した過去があるのです。
それは2016年夏でした。日本人の私にはとても新鮮な経験でしたので、
お葬式ではありますが分かりやすく、経験通り書きます★

イロイロ州ランブナオ市プグハナンという村にホームステイをしているときです。
私の家のホストシスター、ジャジャちゃんが、"nanay patay"と言いました。
現地語はカタコトしか分からないので、何を行っているんだろう...知りたいけど...
ともどかしい気持ちでいました。彼女はパタイと言うときに、両手を合わせてそれを顔の横に置いて、
目を閉じるというボディランゲージを付けました...もしかして、誰かが亡くなったのか?

DSC_6433.jpg

↑ホストマザーと、次女のジャジャ(7)


そうです、そのあとバタバタとホストマザーが帰って来ました。
そして、彼女の遠い親戚のおばあさんが亡くなったと言います。ジャジャちゃんすごい、
表現力の高さを見せてくれました:)遠い親戚のということでしたが、今から山の上に見に行くと言って、
マザーは近所の親戚と出掛けていきました。私達子供はとりあえず、この日はそのまま眠りにつきました。

数日後...
今日は日曜日です。私達団体のアルファ用語で言うと、サンデーホームステイ!
ステイ先の家族と過ごして、フィリピンの生活をのんびり楽しむための日。
フィリピンは9割がクリスチャンですので、大事な休養日でもあります。
我がステイ先では、町のほうにある教会のミサに、連れていってくれると聞いていました。
朝九時に準備してねと言われ、身支度を終えると外から大きな音が...
出てみると巨大なトラックが4台ほど山の上から降りてきます...
なんだなんだと見ているうちに、まゆーー(私の名前)と呼ばれ、トラックの上に乗れと手を差しのべられる。
あれ~あなた小学校のあの子!あなたも!なんて、挨拶しました。

そのときやっと理解したのですが、私はお葬式に列席する人だったのです!
待って、聞いてない...洋服とかなにも考えてないし、大丈夫なの~というか心の準備もしてないよ!
と若干のパニックに。トラックの一番先頭には、棺桶が乗っている霊柩車があり、
そこには親い家族が目を赤くして乗っていました。
(霊柩車には、大きな垂れ幕がかかっており、故人の写真と名前がプリントされています)
それとは裏腹に、後ろに続くトラックには、40人ほど(1台に)の人が乗っていて、ワイワイしています。
厳かという雰囲気はなし...

フィリピンでは村のみんなが遠い親戚という勢いで、なにかしらの繋がりがあります。
村で出会った人は、私の知り合いの親戚だったてことしかありません。
あれ、○○に似てるね~え、姪っ子なの??という具合で。なので、村の人がなくなれば、
村のほとんどがお葬式に列席、ないしは関係しているという状況です。
トラックに乗っていたみんなも、遠くても血は繋がっている人たち...
こんなに親族が多いと心強いなって思いました。

66352.jpg

↑トラックでの様子


(長ったらしく申し訳ありません。でも時系列でかきますね‼)

そして、バイクなら20分の距離を
ゆっくりゆっくり一時間かけて、町のメイン教会に来ました。
教会に入るとき、入り口にある水のおけに指をつけて、その水を額に付けました。(カトリック式)
子供たちに引っ張られ、椅子に座ります。そこからは回りの人の見よう見まねで、
お祈りしたり、歌を歌ったり。カトリック式ですので、礼拝に出ているのと変わらない感じです。

66351.jpg

↑教会内部


DSC_7111.jpg

↑教会前にあった霊柩車。(式の後に使うようでしょうか・・・豪華です)
式も終盤にさしかかりました。遺体が牧師さんの前にあるのですが、そこでいきなりの振り香枦‼
振り香枦ってご存じでしょうか...私はスペインの教会で見てたまたま知っていたものです。
銅で作られた入れ物に、石炭などを入れて、振ることによって中から煙が出てきます。
これを行う理由は、諸説あるので割愛します:)
以下の写真は、私がスペインで撮ったものですが、こんな感じです。

DSC_0416.jpg

こうして無事に式は終わりました。(いやいやまだ終わりませんよ‼)

この後は??どうするんだろうと思っていると、またトラックに乗って、景色はお墓に。
ここで降りるのか思いきや、通りすぎて家の方へ。帰宅か~思ったら家も通りすぎて山の上へ。
大雨の中、一つのお宅に入るように言われ、登っていくとご馳走が並ぶ大きなテーブル‼
ただ雨に濡れないよう、仮設のブルーシートの屋根があるお庭での昼食でした。

DSC_7167.jpg
DSC_7169.jpg

日本でも式のあとに、故人を思ってご飯を食べたり、お酒を飲みますよね。
お酒はなかったけれど、フィリピンの代表料理を美味しく頂きました。
こうしてサンデーホームステイは終わり^^


フィリピンでのお葬式列席は、思いがけない体験でした。
写真がプリントされた霊柩車などは、誰かが亡くなったということを、村の人にお知らせしているようでした。
それだけ人々の繋がりが、強いんだな思います。今度はぜひ、結婚式に参加したいです(^-^)

最後まで読んで頂きありがとうございます。次回はホームステイについて、詳しくレポートします‼

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

学生NGO ALPHA

フィリピン・パナイ島特派員の学生NGO ALPHAが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フィリピンフィリピン/パナイ島特派員
名前:学生NGO ALPHA

学生NGO ALPHA

2009年設立の学生NGO。東京・吉祥寺を拠点にフィリピン共和国パナイ島への教育支援活動を行っています。都内の大学生と代表理事により構成されています。春・夏の年に2回、2週間メンバーが支援地に渡航し、小学校の建設活動とオリジナルのワークショップ授業を行います。 “Everybody Smile!” をモットーに、支援先の子どもたち、村の人々、団体メンバーの全員が笑顔になれるような活動を目指しています。

パナイ島特派員トップにもどる

その他のフィリピンの特派員

イロイロを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

パナイ島特派員トップにもどる

トップ > アジア > フィリピン > パナイ島特派員 > フィリピンのお葬式ってどんな感じ?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について